副収入をつくるために、ネットでできる「あんな手段、こんな手段」

ほぼ、リスクなし…?
立松 直文 プロフィール

一日1時間でも可能だ

私の友人のとある方は、本業のビジネスの傍ら、ネットビジネスで月々50万円程度の利益を出していますし、私が経営相談で関わった社長さんも毎日の僅かな時間で10万円程度の収入を得ています。1日30分程度の隙間時間を使って、結構儲けているんです。

彼らは決して必死にやっているわけではなくて、あくまで趣味で楽しみながらやっているというのがポイントです。その一方、一生懸命に頑張ってもちっとも儲からない方々がいるのも事実です。

photo by iStock

確実に儲けるためにはどうすればいいか?

その答えは、「デジタルマーケティングの仕組み」をしっかりと理解することです。

デジタルマーケティングは日々変わり続けており、SNSを利用して利益を上げるなど新しいやり方も続々と生まれてきています。最新の手法やテクニックをキャッチアップしていきましょう!

そこで重要なのは、魅力的なコンテンツをつくり、シェアされることです。そして、そのための「話題作り」が非常に大切です。

ただし、話題作りを重視するあまり、ステマ(ステルスマーケティング=隠れマーケティング)で姿を消した芸能人や、有名YouTuberヒカル氏の騒動でもご存知のように、炎上には十分な注意が必要です。

そしてマネタイズ(アクセスをお金に変える)効果を最大化するための方法とは何か?そのためのデザインの選び方や、キーワードの選び方、広告の仕込み方など How toも紹介いたします。

デジタルマーケティングの歴史に残る失敗談や炎上事件の紹介も加えつつ、最新のデジタルマーケティング成功のためのHow toをこれから伝授していきますね!

今回は、“副業で稼げる”デジタルマーケティングには現在、どのようなツールがあるのか。ブログから、通販サイト運営、SNS、YouTube、まとめサイト、ニュースサイト運営まで、紹介します。

 

ブログにもさまざま

ブログを使って収益を上げる一番簡単な方法は、「アフィリエイト」。アフィリエイト広告をブログ記事の中に入れて、ユーザーのクリックを誘い、そこで成功報酬を得る方法です。

このアフィリエイト、実は使えるブログサービスが限られています。アメブロやFC2などではブログ運営会社側で広告の管理がされていて、ブログの投稿者が勝手に広告を貼り付けることができません。

下手をすると、ペナルティを受けてブログ自体をサクッと消されてしまう可能性がありますのでアフィリエイトに適したブログを選ぶことが重要です。

Googleが運営するブログサービスに「Blogger(ブロガー)」というものがあります。これは、無料で利用でき、Googleの提供するサービスだけあって、簡単にGoogleのアフィリエイト、アドセンスを使うことができます。

その他のアフィリエイト広告を使って収益を上げる場合には、月に数百円程度の費用がかかりますが、「はてなブログ」、「JUGEM」あたりはアフィリエイトに関しても自由度が高いのでおすすめです。

通販サイトの良し悪し

数年前まではお金もかかり、準備も大変だった通販サイトも、現在はアカウントを作ってデザインを選ぶだけで 無料で、とても簡単に、手軽に立ち上げることができるようになっています。

売れるものをすでに持っている場合は、こういった通販サイトを使って商品を販売することで売り上げを上げることができます。

代表例を挙げると、通販サイトのサービスを行なっているのは、

「ヤフーショッピング」
「BASE(ベイス)」
「STORES.JP(ストアーズドットジェーピー)」

各サイトとも簡単な操作で、自分だけのオリジナルショップが公開可能です。

また、小口の出品であれば「Amazonマーケットプレイス」は見逃せない存在です。

楽天モールは出店する際にかなりまとまったお金が必要になり、毎月固定費がかかってくるので、副業のスタート段階にはあまり向かないかもしれません。「安定した売上が揚げられる」と見込める段階になったら考えてもいいかもしれませんね。