photo by iStock

昭和後半生まれの男性はこれから「風疹の加害者」になるかもしれない

どうか一度、自治体で無料検査を

首都圏を中心に風疹が流行の兆しを見せている。今年に入ってから8月12日までに報告された感染者は22都道府県で139人。

既に昨年、一昨年の1年間に報告された患者数を上回っている。現在の報告されている感染者の約6割が7月23日以降に発覚したものだ。この20日間で80人以上もの感染者が出ている。しかも、この多くが人口密集地帯である千葉県、東京都に集中している。

リンパの腫れが数週間続く……

風疹は風疹ウイルスに感染することで起こるウイルス感染症。感染から2~3週間の潜伏期間を経て首や後頭部、耳の後ろのリンパ節が腫れ、その後発熱とともに全身に赤い発疹が広がる。おおむね発熱・発疹は3~5日程度でおさまる。

風疹ウイルスに対する抗体の有無を調べる採血の模様

過去にはこの特徴と似たような症状を示す麻疹(はしか)の発疹になぞらえて「3日ばしか」と呼ばれていたこともある。ただ、リンパ節の腫れは数週間続くこともある。

基本的に成人の方が症状は重いと言われるが、麻疹に比べると重症化は少ないとされている。

ただ、風疹の合併症として、3000〜5000人に1人が、血小板(血液中で血を固める作用を持つ)が著しく減少して、体のあちこちに内出血の斑点が認められる血小板減少性紫斑病を発症する。また、4000〜6000人に1人が急性脳炎を発症し、緊急入院を要することもある。

 

本当に怖いのは……

妊娠20週までの女性が風疹ウイルスに感染すると事態は深刻だ。胎児にも感染し、死産、あるいは先天性の心臓疾患や難聴、白内障などの障害を有して出生する、先天性風疹症候群(CRS)を引き起こす。

全世界では毎年、先天性風疹症候群患者は推計10万人以上発生しているといわれている。日本では2015~2017年の直近3年間の報告はないが、2012~2014年の3年間では風疹が大流行し、患者報告数が1万7000人を超え、45人の先天性風疹症候群の子供が報告されている。

ただ、実際には先天性風疹症候群はもっと多いのではないかと考えられている。というのも、風疹では風疹ウイルスに感染しているのに表面上は症状がでない不顕性感染が15%程度いると言われる。感染症法で先天性風疹症候群は全例報告義務があるものの、見逃されているケースもあるのだ。

不幸にも先天性風疹症候群にかかった子供は早死にする傾向がある。前述の2012~2014年に報告された45人については、その後の動向が追跡されており、約4分の1に当たる11人は生後半年以内に死亡という不幸に見舞われている。また、残る34人でも成長発達の遅れや難聴など複数の合併症を持つケースが報告されている。

また、無事学童期に至っても先天性風疹症候群による先天性の心臓障害などで若くして亡くなるケースは少なくない。