Photo by iStock

家計簿は必要、それともいらない…? 貯まる人たちの「意外な答え」

3つのことに気を付けるだけでいい

貯金体質になるには?

貯金ができるようになるためには何が必要だと思いますか?

貯金が出来るようになりたいと相談に来た人に私はまず必ずこの質問をします。するとこう答える人が少なくありません。

「収入を増やすことではないでしょうか」

つまり、自分が貯金出来ない理由は、収入が少ないからで、収入さえ増えれば貯金が出来るようになるはずだ、と思っているのでしょう。

しかし、これは必ずしも正しくありません。収入が増えても、それにつれて生活レベルまで上げてしまう人が多いからです。むしろ中途半端に支出が増えて実は生活が苦しくなっている人も少なくないのです。

 

お金を貯めるうえで大切なこと、それは何にお金を使っているのか?それを把握することだと私は考えています。

そのためには、家計簿をつけるのが一般的ですが、世の中には家計簿がつけられない、苦手、という人も少なくないでしょう。かくいう私もその一人で、赤字家計を克服した今もなお、家計簿を実はつけていません。

Photo by iStock

それでも家計は管理しなければいけないのは確かです。そこで、私も含め家計簿をつけるのが苦手な人でも、意外に簡単に続けられる家計管理の方法を編み出しました。

それはお金を使い方別に3つのタイプに仕分けする方法です。その3つとは「消費」「浪費」「投資」。「ショウ」「ロウ」「トウ」と覚えてください。

私はよく「3つのモノサシ」なんて言い方もしていますが、この3つの項目に仕分けることによって、自分がどのようなものにお金を使っているのか? 支出したお金が有効なのか、それとも身になっていないのかなどが自然に見えてくるし、これが実は大切なのではないか、と思うのです。

これに対し、これまでの家計簿では何にいくらかかっているかを記録するだけのものでした。つまり、食費にいくら、交通費にいくら使ったかはわかっても、その使い方自体が有効なものなのか、生きたお金の使い方だったかどうかはわからない。これではどんなにきちんと家計簿をつけても実は何の役にも立たないのではないか、と思うのです。

実際、私の所に相談に来る方の中には家計簿はきちんとつけているのに貯金が出来ない、と嘆いている人も少なくありません。

お金を管理するとは、何に使ったかではなく、「どれだけ有効に使っているか」、また逆に「どれだけ無駄な出費をしているか」を知ることが大切なのであり、そのための方法として「ショウ」「ロウ」「トウ」の仕分けほど効果的なものはないというのが私の結論です。

それでは一体何が消費、何が浪費、何が投資にあてはまるのか、詳しく説明していきましょう。