あなたの「感情」が読み取られ、制御される日

心理学が「クルマの運転」をこう変える!
深川 峻太郎, ブルーバックス編集部 プロフィール

「測定器」の進歩が広げた心理学の可能性

その一方では、測定器というテクノロジーの進歩が、心理学の可能性を広げている面もあるようだ。

「センサーが小型化して、どこでも測定できるようになったのが大きいですね。10年ほど前までは心電計も巨大だったので、車載して公道で実験を行うことなどできませんでした。ステアリングに仕込めるぐらいのサイズになったのは、ここ数年の話です。

自動車にかぎらず、いろいろな場面で人間の感情を計れるので、研究者としては楽しくてしょうがないですよ。自分の子どもが生まれたときも、いい測定対象ができたとうれしくて、計りまくっていたくらいです(笑)」

【写真】大きかった以前の測定器
「昔の測定器はこんなに巨大だったんです」(木村さん)

木村さんは産総研人間情報研究部門というセクションの仕事も兼務しており、そちらでは家電製品の使い比べ実験もしているとのこと。生理的な指標と被験者のコメントを合わせて分析して、何が「快」で何が「不快」なのかを分析するのだという。

コンパクトになった現在の測定器
 コンパクトになって自動車にも載せられるようになった現在の測定器

「ときには、生理的な指標では明らかに『快適』を示しているのに、本人の主観では『使いにくい』と感じていることもあります。そういうズレを見ると、人間の心はわからないものだと思いますね。だから面白いんですけど。

心理学をやっていると『人の心が何でもわかるんですよね』とよく言われます。でも、全然そんなことありません。むしろ私は、人の気持ちがわからないから、心理学をやってるんだと思います。ずいぶん失恋もしてきましたし(笑)」

インタビューの最中には、物書きの感情にも興味があるという木村さんから「どんな気持ちで原稿を書くんですか?」と逆質問されて冷や汗をかいた。締切りが迫るにつれて不安や恐怖感が高まっていく様子をモニターされるのは、ちょっと勘弁していただきたいと思いました。

新しい心理学は人類を幸福にするのか

しかしそう考えると、測定器が進歩して、自分の心理状態がすべて「丸見え」になってしまうのは、いささか怖いような気もする。

「私も大学の授業では、学生にその話をします。いまはまだ不完全ですが、仮に将来すべての感情が『見える化』されたとき、はたしてそれによって、人類はみんなハッピーになるのだろうか、と。

自動車のような機械が、怒りや不安を制御することで安全性や快感情が高まるのはもちろん、よいことです。でも、それこそ恋心や思想信条などは、究極の個人情報ですからね。技術的にその読み取りが可能になったときに、それをどこまで社会として受け入れるのか。今後はそういうことも、議論していくべき重要なテーマになると思います」

とはいえ、「快感情を高め不快感情を弱める技術」の発展は、人類に多くの恩恵をもたらすだろう。「煽り運転」のような感情的トラブルが減らせるなら、極端な話、犯罪やヘイトスピーチや戦争のリスクだって軽減できるかもしれないではないか。

いまの社会で心理学の果たす役割は、じつに大きい。そんなことを強く感じた探検であった。

【写真】心理学の新たな課題と役割の大きさ
 すべての感情が『見える化』されることで、人類はハッピーになるのだろうか? photo by iStock
【写真】木村健太さん近影

木村 健太(きむら・けんた)

国立研究開発法人産業技術総合研究所
自動車ヒューマンファクター研究センター 生理機能研究チーム 主任研究員

生理機能研究チームは、生理学や心理学の専門家で構成されており、体の仕組みと現象(生理機能)を手掛かりにして、人と自動車の関わり方を研究しています。たとえば自動運転支援システムで求められる人の心身状態や、自動車を運転する楽しさについて、心循環機能、脳波、筋電図、バイオマーカーなどから評価する研究をしています。

取材協力: