〔photo〕iStock
# カード # キャッシュレス

「貯まる人」は、nanaco、WAON、LINEPayをこう使う

お得なんだから、やらない手はない

消費税10%時代に備えて「家計防衛」を始めよう!

消費税が5%から8%に引き上げられ、最終的には10%の引き上げを目指している。実際にやるのかはまだ不透明ながら気になるニュースではある。

また、気になるのは物価がじわり上昇していることだ。不気味なのは「お値段据え置き、容量控えめ」のやり方で実質値上げが進んでいることで、実質的にはすでに10%近い値上げを終えている菓子や冷凍食品がたくさんある。気づいていないならあなたは鈍感すぎる。

こういうとき、少しでも安い値段で買い物をする努力も必要だが、「同じ買い方で安い買い物ができる方法」を選べるのであれば選ぶに越したことはない。

実は1~10%の「値下げ」を勝ち取る方法があるそれはキャッシュレス決済、スマホ決済への切り替えだ。

 

「現金で買う」のは割高である

私たちは現金決済をお得で割安になる選択肢だと考えていることが多い。「現金価格」というとお得なイメージが強いし、一時期の家電量販店などクレカ利用をするとポイント還元率を2%下げるような例もあった(近年では解消されつつある)。

しかし今や「現金決済は割高な買い物方法」だと考えるのがスタンダードだ。まず、クレカで買う場合と現金決済とのあいだに値段差をつけることは、クレカの利用条件に反するので本来あってはならない(ポイント還元率は別)。

また、クレジットカードや電子マネーを利用することにより「ポイント」が得られるため実際より割安で購入できたことになる。しかも、クレジットカードから電子マネーにチャージ(これはスマホアプリの電子マネーの標準機能である)してポイントをゲットし、かつ電子マネーとして利用をしてポイントをゲットする「二重取り」ができるとポイント還元率はさらに高まる。

電子マネーといえば、小銭を出して時間を要しない「スマートさ」の利便性ばかりが強調される。また社会的にキャッシュレス決済に移行しているのだと経済ニュースに説明される。しかし、より重要なのは個人にとって「お得」であることだ。つまり「スマホ決済は割安決済手段」であるということなのだ。