Photo by iStock

リスク高すぎ…?腹腔鏡手術を受ける時に、気を付けるべきこと

勧められたら、まず理由を尋ねよう

未熟な医師がやりたがる

「胆嚢を切除するために腹腔鏡手術を受けました。『簡単な手術ですから』『痛くないし、すぐに終わりますよ』と説明されたので同意書にサインしたんです。

手術は2時間で終わる予定でしたが、目が覚めると6時間経過していました。不思議に思い、担当医に尋ねると『合併症ですよ。よくあることですし、失敗ではない』と言われました。

後日、後天性胆管狭窄症と診断され、1週間だった入院の予定が2ヵ月になりました。原因を究明するため、他の病院で診察を受けると、手術者が腹腔鏡手術にこだわりすぎて、胆管を損傷してしまったのだろうと伝えられました。

現在でも3ヵ月に一度は胆管を広げて胆汁が流れやすくする手術を受けなくてはならない。しかもそれが一生続くのです」

こう涙ながらに訴えるのは福岡在住の主婦、金子文枝さん(仮名・63歳)だ。傷が小さくて回復も早い――そんな触れ込みで広まった腹腔鏡手術だが、金子さんのような手術ミスも少なくない。

 

'14年には群馬大学病院で8人(開腹手術も含めれば18人)の死亡が判明したのも記憶に新しい。

腹腔鏡手術は5~10mm程度の孔を数ヵ所空け、そこに鉗子や腹腔鏡(カメラ)など手術器具を挿入してモニターに映し出される映像を見ながら病巣を切除する手術である。

開腹手術と比べて術後の痛みが少なく、早期に退院できるなどメリットは大きい。しかし、そのぶん手術は困難を極める。昭和大学病院消化器・一般外科教授の村上雅彦医師がその難しさを語る。

「『お腹の中に手を入れられなくて、鉗子でつかむから難しい』と単純に思っている人が多いと思いますが、それだけではありません。

モニターを見ながらの手術は想像以上に難易度が高い。映像に合わせて、器具をどのような角度で操るか考えなくてはなりません」

問題はこうした難易度の高い手術を未熟な医師が行うケースが多々あることだ。

「一昔前なら開腹手術が完璧にできるようになってから腹腔鏡手術に挑むのが常識でしたが、最近はいきなり腹腔鏡手術から入る医師が増えています。

腹腔鏡手術は出血がひどくなるとモニターが血で真っ赤になり見えなくなるため、開腹手術に切り替えなくてはいけない。しかし、十分に開腹手術の経験がない医師はそれができず、右往左往することになるのです」(医療法人社団進興会理事長・森山紀之医師)