TPPもFTAも、日本の「真の開国」を阻む閉鎖的クラブにすぎない

「自由貿易」を正しく理解してますか?
野口 悠紀雄 プロフィール

世界に開かれた日本をめざせ

TPPはもともと経済的な取り決めというより政治的な取り決めで、中国の太平洋圏へ
の進出を抑止するのが目的です。中国はそれに対抗し、独自の経済圏を形成しようとしています。その手段が、中国が主導する国際金融機関AIIB(アジアインフラ投資銀行)の設立です。

日本の将来にとって最も重要な貿易相手国は、好むと好まざるとにかかわらず、中国にならざるをえません。ところが、TPPは、中国を排斥する「仲良しクラブ」です。その中に入ることの危険性を、われわれは真剣に考え直すべきです。

 

日本にとって必要なのは、TPPやFTAのような閉鎖的クラブを結成してブロック化
を進めることでなく、国内既得権益集団の抵抗を排して、人材と資本の面で日本を世界に向かって開くことです。つまり、BからCへと貿易政策を改めることが必要なのです。そのために、日本は具体的に何をすべきでしょうか?

それは、農業と人材・資本面での開国をはかるということです。これは、FTAやTPPで行なうようなことではなく、日本が自ら行なうべきことです。これは国内の政治問題ですから、日本が一方的に自由化すればよいのです。農業が開国できないのは、農業
や農家のためでなく、それを票田とする政治家がいるからです。そして、農林水産省や農協があるからです。

関連記事