漫画『はじめアルゴリズム』主人公は「リーマン予想」を解けるのか?

作者・三原和人氏インタビュー

現在、週刊モーニングで好評連載中の漫画『はじめアルゴリズム』。

主人公の関口ハジメは、数学の天才少年。ところが、周囲の人間は誰もそのことに気が付いていない。そこへ現れたのは、もう一人の主人公である老数学者・内田豊。ハジメの才能を見抜いた内田は、彼を天才数学者へと育て上げようとする。見えない世界を数学で解き明かすため、二人は互いに影響しあい、そして数学を通じて、少しずつ成長していく。

今回は最新4巻の発売を記念して、作者の三原和人氏に話をうかがった。

誕生のキッカケは数学者・岡潔

――『はじめアルゴリズム』は、数学を軸にした成長物語です。なぜ数学という、漫画にするのが難しそうな主題を選んだのでしょうか。

三原:『はじめアルゴリズム』の連載前に、新作のテーマを何にするか、すごく悩んでいました。そこで、僕が少しでも興味のあるテーマをたくさん出して、そこから選ぶことにしたんです。「盆栽」や「漁師」とか、様々な題材を挙げた中で担当編集の方が興味を示してくださったのが「数学」でした。

――もともと三原さんが数学に興味を持っていたんですね。

三原:はい。もともと、僕は哲学に興味がありました。特に批評家の小林秀雄さんが好きで、あるとき小林さんと数学者・岡潔さんの対談本『人間の建設』(新潮社)を読みました。この本では、数学の情緒や数理哲学に触れられていたんです。

岡潔さんは、数学と社会の関係や、数学と人間の関係などに興味を持っている方でした。それで僕も、数学そのものよりは、数学が世界とどう関係しているのかといったことに興味を持つようになったんです。

天才少年ハジメとその師である内田は二人三脚で数学の深淵に挑む

『はじめアルゴリズム』は数学を前面には押し出さず、少年の成長物語として描いていますが、それは数理哲学を描きたいという理由からです。ハジメという子供が、数学と世界に触れて成長していく、という話を描きたいと思ったんです。

――すると、三原さんが数学を得意だとか、数学科出身だとか、そういう理由ではないのですね。

三原:数学は全くできないですし、詳しくありません(笑)。毎週、必死に勉強しながら描いているような感じです。

作中に出てくる数式は、すべて監修の三澤大太郎さん(京都大学 理学系研究科 数学・数理解析専攻 修了)にお願いしています。僕はその説明を聞いて、おぼろげに意味合いを理解している程度です。漫画で意味を表現してはいますが、僕自身が完璧に理解しているかというと、自信はありません……。

 

どんな数学ネタを使うかは、担当編集の方と話す中で決めていきます。多くの場合、描きたいシーンやストーリーが先にあって、それに合う数学ネタを三澤さんに教えてもらっています。

ちなみに、第1話でハジメが書いていたオリジナルの数学記号も、三澤さんが考案したものです。僕には「独自の記号で数式を書いている」というイメージだけがあって、記号そのものは三澤さんに考えて頂きました。