【9月26日開催】トークライブ「ヤメコー~大手広告代理店を辞めた若者たちはどこへ行くのか」

大手広告代理店を辞めて、新たな道を開拓する若者が増えています。彼らはなにを求めて広告代理店を辞めたのか。広告業界はこれからどうなっていくのか――。

電通から独立後、「株式会社運動通信社」を立ち上げ、甲子園の全試合をネット配信する「バーチャル高校野球」が話題となったインターネットスポーツメディア『SPORTSBULL』を運営する黒飛功二朗氏。

博報堂、Googleを経て、位置情報データにより生活者のリアルな行動を補足するマーケティングプラットフォームを提供する会社「シナラシステムズジャパン株式会社」のバイスプレジデントとして活躍する松塚展国氏。

博報堂、HAKUHODO THE DAYを経て、「僕とYOU」を設立。日清食品「カレーメシ」のCMや水曜日のカンパネラのMVなどを手掛けたクリエイターの瀧澤慎一氏。

大手広告代理店から独立した気鋭の経営者・クリエイターによるトークイベント「ヤメコー ~広告代理店を辞めた若者たちはどこへ向かうのか」を実施します(詳細はhttps://peatix.com/event/424541 にて)。

モデレーターを務めるのは、博報堂を退社後、「The Breakthrough Company GO」を立ち上げ、H&M×安室奈美恵のコラボレーション企画など、話題のプロジェクトを多数手掛ける三浦崇宏氏。

(それぞれの詳細プロフィールはページ下をご確認ください)

・なぜ、大手広告代理店を辞めたのか

・大手広告代理店で学んだこと

・これから、広告の世界はどうなるのか。

・いま、自身が携わっているビジネス、プロジェクトについて

・自分たちが「生き残っていく」ためには、何をすべきかetc...

について、2時間、赤裸々に語っていただきます。

業界関係者もメディア関係者も、広告代理店への就職を希望する学生も必見のイベント。ぜひともご参加ください!

 

日時:9月26日水曜日 19時開場、19時30分開演
場所:講談社(有楽町線護国寺駅。一階受付までお越しください)
チケット https://peatix.com/event/424541(peatixにて販売、料金2000円。数に限りがございます。お早めにお申し込み下さい)
問い合わせevent-gendaibusiness@kodansha.co.jp

黒飛功二朗: 神戸大学経営学部卒業。株式会社電通に入社。電通では放送局の担当を経て、デジタル関連部署に退社まで在籍。ナショナルクライアントのデジタルマーケティングプロデューサーを経験したのち、多数のインターネットサービスのコンサルタントに従事。その後、事業の成長戦略立案、実施運営をワンストップで行うリムレット株式会社を設立。夏の高校野球のライブ配信事業「バーチャル高校野球」のプロデュースを筆頭に、数多くのスポーツインターネットサービスの立ち上げに携わる。その後、スポーツインターネットメディア事業に特化した株式会社運動通信社を設立、現在に至る。
松塚展国: 博報堂、Googleを経てシナラシステムズジャパン株式会社に入社。博報堂ではIT、エンタメを中心に広告制作、媒体双方を担当、Googleでは旅行業界に対して、デジタルマーケティングのコンサルティングを実施。ブランディングからメディアプランニングまで知見を有し、特にデジタルマーケティングを専門としている。
瀧澤慎一: 博報堂を経て、2018年「僕とYOU」を設立。主な仕事に、日清食品カレーメシ、メルセデス×スーパーマリオ、マウントレーニアのCMや、水曜日のカンパネラ「ラー」MV、武道館公演「八角宇宙」出演(着ぐるみ)、楽天イーグルス公式キャラ「クロワシさん」など。着ぐるみパフォーマーとして、音楽番組や武道館ライブなどにも出演。
三浦崇宏: 博報堂・TBWA\HAKUHODOを経て、2017年「The Breakthrough Company GO」設立。 『表現を作るのではなく、現象を創るのが仕事』が信条。 日本PR大賞・CampaignASIA Young Achiever of the Year・ADfest・フジサンケイグループ広告大賞・グッドデザイン賞、カンヌライオンズクリエイティビティフェスティバル、2013年PR部門ブロンズ・2016年ヘルスケアPR部門ゴールド・2017年プロダクトデザイン部門ブロンズ、2017 ACC賞クリエイティブ・イノベーション部門グランプリ/総務大臣賞・デジタル部門ブロンズ。