ベテラン校閲者の机には辞書が山積み

「急拠、出張することになった」←この文の誤りを正してください

熟練校閲者からの挑戦状・前編
日々、文章の誤りと格闘しながら「本の品質」を保証する校閲部。その大ベテランたちが、『熟練校閲者が教える 間違えやすい日本語実例集』(以下、『実例集』。講談社文庫)を刊行し、誰もがつい間違える表現を多数指摘した。さてあなたは、今回彼らの出す全12問のうち何問正解できるだろうか?

*Twitterで出題された問題の解答は2ページ目(問題A・問題B)、3ページ目(問題C)に掲載しています。

90年以上の歴史あり

講談社に校閲の部署(当初は校正部)ができたのは、大正13年といいますから、今から94年前のことです。

それ以来、今日に至るまで、絵本あり週刊誌あり料理本あり、はたまた哲学書や理系の本もあり、という幅広い分野の書籍・雑誌に対応してきました。

その間に集積された、紛らわしい表記、変わった言い回しなどから抽出し、『日本語課外講座 名門校に席をおくな!』のタイトルで1冊にまとめ世に出したのが11年前でした。

「席」は「」に直すべきもの、とわかるようタイトルのデザインを工夫したつもりでしたが、書店では誤って進学コーナーに置かれたこともあったそうです。

『実例集』はこの前著を改題し文庫化したものです。

一部を除いて、実際の原稿やゲラ(校正用の試し刷り)で目にした用例に、不幸にも誤りを見逃したまま世に出てしまったものも加えた、全部でほどの例文を掲げ、それについて解説する形をとっています。

本稿ではなるべく多くの問題を示すために、各問題文は単純化した作例としました。また問題自体、『実例集』で割愛した語や表現を基に作成しました。

まずは初級編から

ウォーミングアップからはじめましょう。まずは、こちらの例題から。

それぞれの文の誤りを見つけてみてください。

【例題】 誤りを正してください。
1 失言をした大臣を更送する
2 言葉遺いがなっていない
3 連戦で選手たちは疲幣している

答えは……この画像の下にあります。

講談社校正ハンドブックは社員も必携だ

◆ 答えと解説 ◆

1 失言をした大臣を更送する
更迭

言葉遺いがなっていない
言葉遣い

3 連戦で選手たちは疲幣している
疲弊

この3問は、いずれも字の形が似ていて間違えやすい、字形類似にあたります。

それでは、本題です。

【問題A】誤りを正してください。
1 急拠、出張することになった
2 最少限の対策は施したつもりだ
3 四の字固めが決まって、相手はギブアップした
4 世論調査で首相を指示しない理由を問うた
5 個別訪問をして客をつかめ
6 毒を盛って毒を制す
7 援助を頼みたいのだが取りつく暇がない