# 貯蓄 # 節約

お金がどんどん「貯まる人」が、「4つの銀行口座」を使い分けるワケ

公認会計士が教えるシンプル家計管理法

銀行口座は4つに分けよう

お金を貯めるのが難しいという人は、自動的に貯まるしくみをつくってしまえばいいのです。

Photo by iStock

ここで、わが家が行っていたシンプルな家計管理システムを紹介しましょう。
 
それは、お金の場所をきちんと決めておくことです。

わが家では銀行口座を次の4つにわけ、お金の場所と用途を徹底していました。

(1)入金口座
(2)貯蓄口座
(3)生活口座
(4)引き落とし口座

(1)入金口座は、給料の振込口座です。ここに入金されたお金を、機械的に(2)(3)(4)に振りわけるのです。

毎月の貯蓄額を5万円と決めたら、毎月決められた日(給料日の直後など)に(1)入金口座から(2)貯蓄口座へ自動で5万円を移動します。

住宅ローンを返済している人は、(1)入金口座から(4)引き落とし口座へ返済額を移動します。携帯電話料金などの引き落としがある場合、(4)にまとめて移動してもかまいません。

最後に、(1)入金口座に残ったお金を(3)生活口座に移動し、(3)にあるお金で生活します。

 

これだけです。最初に貯蓄分(+引き落とし分)を別の場所によけておき、残ったお金で生活すれば、間違いなく貯まります。とてもシンプルです。

わが家では、妻が毎月(1)入金口座からお金を引き出し、手動で(3)(4)に振り込んでいました。お金を振りわけるのが毎月の儀式のようになっていたわけです。

手動でお金を移動するのはめんどうなようですが、ひと手間をかけることで、引き出すことがめんどうになったようです。

時間がないという人は、自動振込やネット振込を利用してもよいでしょう。

この方法をそっくりそのままなぞれというわけではありませんが、自分なりの貯まるシステムをつくることです。

肝心なのは、先に貯蓄分を強制的に別の口座に移すこと。

そして貯蓄は不可侵領域として、絶対に手をつけないこと。貯蓄の使途は住宅ローンの頭金や教育費などあらかじめ決められた支出、あるいは突然の失職等で収入が途切れた場合のみです。

洋服やバッグがほしい、旅行に行きたいといった理由で、大切な貯蓄に手をつけてはいけません。それらの支出は、生活口座にあるお金の範囲内でまかなうべきものです。

人間、一度手をつけると「もうちょっと、もうちょっと……」とずるずる引き出してしまうものです。

たとえば、貯蓄口座はキャッシュカードをつくらないといった工夫をしておくとよいかもしれません。

わが家では、結婚して以来、つい最近まで貯蓄口座に手をつけることはありませんでした。

関連記事

おすすめの記事