Photo by Pixabay

数学科女子が「3.14小説」に挑戦!「πが導くラブストーリー」

ホワイトデー特別企画
3月14日といえば、ホワイトデー。
日本では、バレンタインデーのお返しを贈る日として定着していますよね。

しかしこの日は、ある「数字」にまつわる日でもあることを知っていましたか?

私たちの身の回りに現れる不思議な数「π」が導く、愛と神秘に包まれた「未来の3月14日」をのぞいてみましょう。

(※この記事は「Lab-on」からの転載です。オリジナルサイトはこちら

「3月14日、空いてるよね?」

ナオミチから投げかけられたこの言葉で、私は4年前のバレンタインデーを思い出した──。

2041年2月14日

「マドカ、好きだ。オレのそばにいてくれないか」

バレンタインデーに、ナオミチからチョコをもらうとは思わなかった。

ひそかに彼に想いを寄せていたけれど、自分からチョコをあげる勇気はなかった。それがまさかナオミチから告白されるなんて。

ホワイトデーまで返事を焦らすなんてことはできなくて、その場で私も好きだと言った。

そして咄嗟に「3月14日空いてるよね?」と尋ねた。

バレンタインのお返しも渡したかったし、何より彼の誕生日を彼女としてお祝いしたかったから。

ナオミチの誕生日は物理学の天才、アルベルト・アインシュタインと同じ3月14日。 この日は円周率3.14152……にちなんで、「円周率の日」とも呼ばれている。

円周率

ナオミチのお母さんは数学科卒のエンジニアで、ナオミチが女の子だったら、名前は「マドカ」にするつもりだったらしい。

それで、ナオミチは私と初めて会ったときから、勝手に私のことを意識してたのだとか。

「オレの名前も円に関係があるんだけど、なんだかわかる?」といたずらっ子みたいに笑っていたのも覚えている。

私が考える間もなく、「直径」と書いて「ナオミチ」なのだと誇らしそうに教えてくれた。

今日は2045年2月14日。 あれからもう4年が経つんだな。あと1ヵ月でナオミチと過ごす4度目の3月14日がやってくる。

パイと円周率

久しぶりにパイでも焼こうか。半径、何センチにしようかな。