〔PHOTO〕gettyimages

習近平肝入りの極秘プロジェクト「中国第2首都計画」その全貌

河北省に建設中の新経済特区を見学した

第三の国家的新区として

「千年大計 国家大事」――。

漢字8文字が高らかに記された巨大看板の外側には、牧歌的な農村風景が広がっていた。農道では、トラジが、ガタピシと音を立てている。

トラジとは、漢字で「拖拉機」と書く。トラクターの音訳だ。特に、ガタピシ言う旧式のものを、年配の中国人たちは、懐かしさを込めてこう呼ぶ。

だが、看板の内側へ一歩、足を踏み入れたとたん、そこには真新しい駐車場が一面に広がり、最新式の電気自動車(EV)がズラリ並んでいた。駐車場の計100ヵ所以上の場所に、充電スタンドが装備されている。その脇には、中国石油、中建二局、中國平安、国家電網、中国聯通……巨大プロジェクト建設に携わる大型国有企業のロゴが、誇らしく掲示されていた。

ここは、北京から南に105㎞ほど下ったところにある雄安(シオンアン)新区である。

 

昨年2月23日、この地を視察した習近平主席は、宣言した。

「ここに第三の国家的新区を建設する。『第二首都』を作るのだ!」

「第三の」というのは、第一に、改革開放政策を始めた初期の1980年、鄧小平が香港に隣接した深圳に、中国初の経済特区を作った。第二に、社会主義市場経済を憲法に盛り込んだ1993年、江沢民が地元・上海に、浦東新区を作った。続いて2006年、胡錦濤が天津に濱海新区を建設したが、習近平政権では、このプロジェクトは失敗の烙印が押され、カウントされていない。

習近平主席は、1982年から85年までの三年間、雄安近くの河北省正定県で勤務した。その勝手知ったる荒野に、「第二首都」を建設しようというのである。

昨年4月1日、中国共産党中央委員会と国務院(中央官庁)は連名で、声明を発表した。

〈 鄧小平時代の深圳経済特区と、江沢民時代の上海浦東新区に次ぐ第三の国家プロジェクトとして、雄安新区を設立する 〉

計画によれば、短期プロジェクトとして100㎢、中期プロジェクトとして200㎢、長期プロジェクトとして2000㎢を開発するという。まさに「国家千年の大計」だ。

今年3月21日の空撮写真〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら