憲法、財政、本当にそれで大丈夫…?石破氏総裁選出馬に抱く懸念

活発な議論は期待したいけれど…

財政は「増税路線」……?

1ヵ月後に予定されている自民党総裁選に、石破茂氏が出馬すると表明した。そのための準備として、自らの主張を伝えるサイトも立ち上げている(http://www.ishiba.com/sousaisen/)。なかなかの出来映えであり、石破氏の意気込みが伝わってくる。

総裁選に出るにあたって、石破氏は特に安倍総理の憲法発言を牽制している。安倍総理が、「次の国会に自民党の憲法改正案を提出できるように、党内議論を加速させたい」と発言したのに対して、石破氏は「ありえない」「スケジュールありきで、民主主義の現場を理解していないとしか思えない」と述べた。

これをみると、まるで護憲派の一部野党のような反論なのが気になってしまう。石破氏は2012年の自民党の改憲草案作りに関わっているが、いつまで「議論」を続けるのか、あるいは、実は議論をしたくないのだろうか、と思ってしまう。

 

安倍総理は、憲法について述べるうえで、国民投票などには一切言及していない。同じ与党の公明党は憲法改正に慎重なので、来年の参院選までは触れたくないだろう。当然、安倍総理もそれを承知しているからこそ、「とりあえずは自民党内の議論を進めたい」と言っているわけだ。6年前の改憲草案作りに関わりながら、いまさら「議論が必要」というとは、ひょっとしたら石破氏は「隠れ護憲派」なのではないか、とさえ疑ってしまう。

憲法改正について、「9条2項削除」という伝統的保守案を公言している石破氏なら、「9条2項堅持、3項で自衛隊明記」という安倍総理の改憲案と、正々堂々と議論してはどうか。

石破氏の言い方は、一部野党の護憲派には好都合だが、憲法改正を党是とする自民党の党員には響かないのではないか。……と思っていたら、27日発売の「週刊プレイボーイ」誌上において、石破氏は、「I am not ABE」で有名な古賀茂明氏と対談するようだ。これは、どのような立場の人とも対話するというメッセージだろうが、これも自民党員の眼にはどのように見えるだろうか。

政治家が多種多様な人と対話するのはもちろん重要なことだが、一方で、政治家の行動にはいかなる場合でも政治的なメッセージが伴うわけだ。まさか石破氏が、古賀氏と「反安倍」で同調するわけにもいかないだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら