関西人情グルメ カモン!こなもん

岸和田の「かしみん焼き」
洋食焼き かしわ 450円具をのせてひっくり返し、生地で蓋をするように蒸し焼きにする。この店では、もう1度ひっくり返して完成。ソースは甘口で、マヨネーズなしにするのも可能だ

コリコリの食感と旨みで存在感を放つ“かしわ”

 大阪の泉州・岸和田といえば、だんじり祭で有名。岸和田城の城下町でもある。ここに、ご当地こなもん「かしみん焼き」があると聞いてやってきた。南海本線岸和田駅を降りて、だんじりが通るという駅前商店街を横目に住宅街へと進む。途中、昔ながらの駄菓子屋さんがあり、学校帰りの子どもたちで賑わっていた。

 1軒目の「鳥美」は「こんなところに?」と思うほど、周りの住宅に溶け込んでいた。古くから地元の人々に重宝されている鶏屋さんで、店内では鶏を使った鉄板料理が味わえる。

女将「いらっしゃい。『洋食焼 かしわ』いうんが、かしみん焼きやで」

 かしみん焼きを目当てに来る人が多いのか、聞く前に教えてくれた。1枚450円。まずは鉄板に粉を溶いたタネを薄く広げる。その上にキャベツとネギ、鶏肉と白い挽肉らしきものをのせた。

大久保(以下大)「〝かしわ〟は鶏肉のことですね。その白いものは?」

女将「牛脂。このへんではこれをミンチと呼ぶのよ。かしわとミンチをあわせて〝かしみん焼き〟になるの」

 生地をひっくり返して数分。ソースとマヨネーズを塗ったら完成だ。

大「作り方は広島のお好み焼きみたい。見ためはキャベツ焼きですね」

鳥美
平日でも近所の人で賑わう 
岸和田市堺町7-29
電 072-422-5816
営 11時〜20時、土〜18時 休 火
交 南海本線岸和田駅から徒歩10分

 コテで切ってほおばる。生地がパリッと香ばしく、牛脂の効果で野菜が瑞々しく焼きあがっている。

大「かしわの存在感が凄い。コリコリとした食感で、噛むたびに旨みが出る。粉もんやけど野菜たっぷりで重たくなく、何枚でも食べれそう!」

 岸和田でかしみん焼きを出している店は、ほとんどがここ鳥美から仕入れた鶏を使っているとか。鶏肉を変えると味も変わってしまうということだろう。

トマト&チーズかしみん 900円 トマトはガーリックなどで味付けしてあり、たっぷりのとろけるチーズと絡んで美味
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら