あの戦争の呼び名が、いつ「太平洋戦争」になったか知っていますか

実は、意図的な「転換」が行われていた
堀井 憲一郎 プロフィール

当時は誰も「太平洋戦争」と呼んでいなかった

「大東亜共栄圏」は、アジア諸国を、ヨーロッパ列強による植民地支配から解放し、アジアだけでのブロックとして自立しようという壮大な思想である。理念そのものは、そんなに悪いものではない。

ただ結果的には、提唱主体である日本だけが一方的に利益を得る展開をみせた。日本以外のアジア諸国からは、口では立派な思想を説きながら、その実態は日本自体が欧米列強になりかわって植民地化支配を目指してるよう見なされたし、そうおもわれてもしかたがない部分があった。

「大東亜共栄圏」思想は、勇ましく、そして理想的である。その理想的なアジア社会を目指すというお題目を連想させる「大東亜戦争」という呼称は、欧米側からは認めがたかったようだ。それは僭称である、という指摘だろう。

占領軍がその言葉を使わないように指示して、「太平洋戦争」と言い換えられた。無条件で降伏しているのだから、日本は何も言えない。

 

エリア名として名付けるのなら、「東亜細亜および太平洋の戦争」というあたりが正確な戦争名称ではないか。

また、歴史的な呼称を絶やさないという意味では、「開戦時には大東亜戦争と呼ばれ、敗戦後に太平洋戦争と呼ばれた戦争」というのが正確だろう。文字数に余裕があるときは、私はなるべくそう書くようにしたい。

太平洋戦争という呼び名への違和感は、「戦争が進行中のときには誰もそう呼んでない」というところにもある。

戦場で散った「英霊」も、本土空襲で殺された一般人も、戦争で死んだ人たちは誰もあの戦争を「太平洋戦争」とは呼んでいない。戦争で死んだ人たちみんなにとって「大東亜戦争」であった。もし、お盆の季節に、彼らの御霊に直接話しかけるのだとすると「太平洋戦争」と言ったのでは通じなくなってしまう。それは何だか申し訳ない。

変な理屈だが、そういう感覚がある。

だからといって、大東亜戦争と呼ばなくてはならないともおもえない。それはそれでいろんな悪を呼び起こしそうだからだ。

まだ歴史となるには生々しいというところだろう。歴史をどの視点から見るかによって名称も変わるし、その視点がいまのところ定まっていないのだ。感情的にしか語れない人がたくさん残っている。

たとえば、関ヶ原の石田三成について辛辣に批判しても、感情的に怒ってくる人は少ないとおもうが、そのあたりまで落ち着かないと、いろいろとむずかしいということである。

やはり「開戦時には大東亜、負けてからは太平洋」戦争と書いていくしかないような気がしている。

戦争を誰のために語るのか、という問題でもある。