photo by iStock
# 配偶者控除 # パート主婦

幸福なパート主婦は「年収129万円」or「年収154万円」稼ぐ

配偶者控除より「社会保険の壁」が大切

「壁」を超えると、どれくらい損するの?

パートで働く主婦にとっての大きな関心事は、いわゆる「パート収入の壁」といわれるものです。

かつては「103万円の壁」がよくいわれましたが、最近では106万・130万・150万円の壁も出てきて、どんどん仕組みが複雑になってきています。

 

「壁を越えて働くと、どのくらいソンをするのか」

「妻自身が社会保険に入るとソンするのか、それともトクになるのか…」

「そもそも ”いくら働くのがベスト” なのか」

……など、知りたいことや疑問に思うことはたくさん。

ソンをしないように「なんとなく年収100万円までに抑えている」という声をよく耳にしますが、それは「正解」でしょうか。今回はそんなパート主婦の疑問に答えつつ、トクする働き方を解説したいと思います。

photo by iStock

そもそもパート主婦の収入の壁はいくつも存在しますが、まずは「気にしなくていいもの」「重要なもの」にわけて考えることが大切です。

以下、それをまとめてみました。

◆「103万円の壁」=妻の収入に所得税がかかりはじめる

気にしなくていい

◆「106万円の壁」=従業員501人以上の企業で働く、一定要件を満たしたパートタイマーは勤務先の社会保険に入らないといけない

重要!

◆「130万円の壁」=妻は夫の「社会保険の扶養」から外れて、自分で社会保険に入らないといけない

重要!

「150万円の壁」=2018年1月に登場。夫の配偶者控除が段階的に減り始める

気にしなくてもいい

このように、税金の「103万円の壁」と「150万円の壁」は、気にせず壁越えをしてOK。しかし、妻が社会保険に入ることになる「106万円の壁」もしくは「130万円の壁」の壁越えは、知識を持ったうえで戦略的に実行しなくてはなりません。