Photo by iStock

夏の甲子園・スカウトたちが注目した「本当のドラ1はこの選手」

予選で負けた選手たちにも注目

毎年、甲子園が始まる時期に、スカウトたちは秋のドラフト会議を見すえて「本当にほしい選手」を吟味している。世間に知られていなくとも、実力、ポテンシャルは十分の「ドラ1」候補たちを紹介する。

大切なのは「野球勘」

記念すべき第100回となる今大会は、U-18日本代表の正遊撃手として鳴らす小園海斗(報徳学園)や、二刀流で一躍名を上げた根尾昂、今大会屈指の好打者との呼び声高い藤原恭大(ともに大阪桐蔭)など、「超高校級」の選手が目白押しだった。

スポーツニュースでは、連日彼らの様子が報じられている。これほどの注目度となれば、プロのスカウトたちもさぞかし熱い視線を注いでいるかと思われるが、実はそうではない。

この時期、プロの各球団は、世間一般の前評判は高くなくとも、プロに入ってから活躍が期待できる選手を探している。

自分たちだけが、その選手の真の才能を見抜くことができれば、ドラフト会議で単独指名が可能になるからだ。

パ・リーグ球団の現役スカウトが言う。

「現時点での球速や完成度も大切ですが、そういう部分はプロに進んでから伸ばしてあげることができる。

一番重視しているのは『野球勘』をしっかり持っているかどうか、です。そういう意味で、1位指名候補として注目しているのが、金足農高(秋田)の吉田輝星です。

緩急を使ったタイミングの外し方や牽制、フィールディングなど、すべての面において高校生離れしたセンスを感じます。176cmと大きくはないけれど、器用。桑田真澄(元巨人)を彷彿とさせるものがある」

 

スカウトをもうならせた吉田の「野球センス」には秘密がある。

小学生時代、吉田が所属していた天王ヴィクトリーズの河村正悦監督が明かす。

「ウチに入団した小学3年生の頃からバランス感覚に優れ、『これはいい選手になるな』と感じていました。実は、彼のおじいさんもお父さんも同じ金足農高のエースだった。

そういう遺伝子を継いでいるうえ、お父さんは粘り強く教える温和な性格。二人三脚で彼の才能を育てたのでしょう」

今大会の出場投手のなかには、日本はもちろんメジャーのスカウトも注目する選手がいる。

フィリーズの環太平洋担当部長として、日本でのスカウト活動を行う大慈彌功氏が言う。

「将来性なら、なんと言っても浦和学院の右腕、渡邉勇太朗君がピカイチでしょう。

腕がとても柔らかく、しなる。あれは投手をやるために生まれてきたような資質です。肘の怪我がありましたが、これからしっかりトレーニングを積んで身体を強くすれば大丈夫。心配していません」

大慈彌氏の言う通り、渡邉は今年の春、練習中に右ひじの靱帯を損傷し、しばらく投球を控えていた。だが、復活を果たして迎えた夏の予選では自己最速の149kmをマーク。

見事、甲子園に駒を進めている。怪我からの回復力も、スカウトの重要なチェックポイントだ。