Photo by iStock
# 貯蓄 # 節約

年収が低くても「1000万円」貯まる人たちの、ある共通点

やみくもに貯める必要はなかった
給料が安い、ボーナスが減った、老後が不安……お金の不安はつきないもの。しかし、『人生を黒字にするお金の哲学』の著者で、公認会計士の林總氏は、「収入の多い少ないは重要ではない」と断言する。そんな林氏が勧めるのが、まず「将来の支出」をはっきりさせること。そして「いくら貯めるか」をはっきりさせることだ。「生涯収支」をプラスにするこのノウハウについて、くわしく聞いた。

「いくら貯めるか」をはっきりさせる

私たちは、いったいいくらお金を貯めればいいのでしょうか。

それを考える前に、「貯蓄」とはいったい何かを、改めて考えてみましょう。

Photo by iStock

貯蓄というのは、将来の支出です。

たとえば住宅ローンの頭金、子どもの教育費、老後の生活資金、いざというときの予備費など、将来必要になるであろうお金をプールしておくこと。

それが貯蓄です。
 
目標もなくお金を貯めることは、貯蓄の本来の意味からはずれています。

 

お金はたくさんあれば安心かもしれませんが、そのために人生の大半が爪に火を灯すような生活になるのでは、意味がありません。天国にお金を持っていくことはできませんから、やみくもに貯める必要はないのです。
 
少しの余裕をもって、人生を歩んでいけるだけのお金があれば十分です。

ですから、必要な貯蓄額は人によって違います。

1000万円で十分足りるという人もいれば、5000万円必要だという人もいるでしょう。1000万円で足りる人は、5000万円貯める必要はないのです。また、500万円は10年後に必要になり、もう500万円は20年後に必要になるといった、使うタイミングの違いもあります。

いくら貯めるべきかは、将来の支出を知ることでおのずとわかるというわけです。同時にいま、いくら使えるかもわかります。

お金を使うことは、怖いことでも、悪いことでもありません。

考えないで使うから、不安が残ったままなのです。