photo by gettyimages

夏の甲子園・都道府県の区割りから見える「県内勢力図」が面白い

それぞれのエリアの事情がよくわかる

県を二つに割る

100回目の夏の甲子園が佳境を迎えている。

100回の記念大会である。

記念大会の楽しみは、出場校が多いところだ。

通常大会では1県1校プラス東京と北海道から2校ずつで49校が出場する。

ところが今回の100回大会は56校が出場する。いつもよりかなり多い。

どうせなら2の階乗である64校にすれば1回戦の不戦勝がなくなってわかりやすいが、そうなると予選参加の学校数が不均衡になるんだろう。

1つの県(都道府県)から2チームを出せるのは9つ。

いつもの北海道と東京に加えて、千葉、埼玉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡から2校が出場した。

予選から別エリアとして戦う。

つまり、県を2つに割るわけである。高野連の指示に飛び地を作らないという規定があり、つまり一本の線で分割線が引けないといけない。

 

県を2つに割る。

なかなかおもしろい。戦国時代みたいだ。

「国を二つに割って、欲しいほうをやる、そう殿はおっしゃったぞ!」

「そうか、やったのお、どこで割るんじゃ」

「それをいまから決める!」

知らんけど。いまおもいついただけだけど。でも、そういう感じがして「線を引いて県を2つに割る」というのは、なんだかおもしろい。

東京をどう割るか

たとえば「東京都を2つに割れ」と言われたら、どこで線を引くのか。

東京は南北には切りにくい。

やはり東西で切るしかない。どこで割るか。

東京都は、東に中心がある。東京都の東端が23区(かつての東京市)である。

だから2つに割るのなら、「23区」と「23区以外のいわゆる東京都下」の分割がわかりやすい。「中心」と「周縁」という割り方である(露骨に言うなら都会と田舎)。

高校野球の区割りはそれを基本にしている。しかし、それだと、「中心地区=東地区」の高校数が多すぎるのだろう。23区の西端の練馬区・杉並区・世田谷区が切り離されて、西地区に入れられている(2011年までは世田谷区ではなく中野区だった)。

東京都の区割り

まあ、そのへんは昔の江戸じゃないから、というような区分けなのかもしれない(それを言うと東端の足立区、葛飾区、江戸川区もまったく江戸じゃないですけど、まあそれはそれ)。

面積にすると、東のほうがずいぶん小さいが、東京都の西の端は「熊に注意してください」という看板がそこいらに出ている奥多摩町に檜原村だから、そうならざるをえない(東京にも内陸部に村があり、檜原村内には鉄道の駅は1つもない。電車ではいけない)。