医学部専門予備校運営のプロが絶望した、この国の「入試差別」の実態

まさか、こんなひどい世界だったとは…
原田 広幸 プロフィール

女子差別をしている大学はどこだ

さて、最後に、公表されている医学部入学者の男女比と現浪比(現役高3生と浪人生の合格者比率)を見てみよう。

このいびつな男女比は、何を原因として生じているのか。次の入試ではどのように動くか。そして、数学等の入試問題の難易度や出題方法がどのように変化するか。この問題に関心のある国民一人ひとりが、よく見ておく必要がある。

 

もちろん、大学の地域性や、男女の受験校選定における意識の問題もあるから、一概に、女性比率が低い=差別している、ということにはならない。しかし、今後の動きをみることで、大学が誠実な対応を行なってきたか、判断することは可能だ。

女子差別、多浪生差別は、医療制度全体における問題であり、人材配置がうまくいっていない大学病院の問題である。

それが、入試制度にも負の影響を与えている。優秀な女子を選別して差別することは、長期的には、働く医師にとって、ひいては、医療を受ける国民ひとりにとっても、損失であるということを、しっかりと肝に銘じておこう。