医学部専門予備校運営のプロが絶望した、この国の「入試差別」の実態

まさか、こんなひどい世界だったとは…
原田 広幸 プロフィール

医学部入試 女子差別 真の原因

そもそも、一番大きな問題は、建前上、性別・年齢等による受験制限はない(自治医科大学や防衛医科大学校など一部の特殊な医大を除いて)ことになっているのに、受験生に知らせることなく、こっそりと、一部の受験生を優遇し、多数の女性・高年齢者を排除してきた、医学部入学者選別そのものの不公正さである。

教え子の医学部生や医学部内部の人間からの情報によると、こういった女子や多浪生に対する差別的な選別は、ほかの医科大学、医学部でも、実際に行われている。決して、東京医科大学だけの問題ではないし、東京医科大だけに責任を押し付けて解決できる問題でもない。

 

また、こういったあからさまな形式ではないにしても、女子が苦手とする数学や物理を難問化することにより、合法的かつ堂々と、女子を排除している大学も多い。

さらにいえば、こういった事情は、文科省も、厚生労働省も、私立医科大学協会や日本医師会といった関係諸団体だって、多かれ少なかれ、現状は把握していたはずである。彼らに不作為の責任はないのか。

photo by iStock

林芳正文部科学大臣は、8月7日、「入学者選抜が公正に行われているかどうか、全国の国公立、私立大学の医学部医学科を対象に緊急に調査をする」と述べ、調査を事務方に指示したことを明らかにした。

本気で調査をするならば、ほとんどの医大での差別的な選別の実態が明らかになることは必至である。2,3校のスケープゴートを血祭りにしてお茶を濁すようなことにならないことを祈るばかりである。

これから起こる4つのこと

東京医科大不正入試の問題発覚を発端として、これから起こるであろう大きな動きを予想してみたい。

(1)資料隠し・証拠隠滅

先にも述べたように、女子や多浪生に対する差別的選別は、東京医科大に限って行われていたわけではない。ほかの医学部でも、実際に行われている可能性は非常に高い。森友問題における財務省の公文書偽造、公文書破棄にみられるように、日本における公文書管理の杜撰さは、後進国レベルである。

国公立大学でも、同様の動きがあることは十分に考えられる。ましてや、私立学校は、あくまで私立である。抜き打ち調査でもしない限り、東京医科大で出てきたレベルでの具体的な不正の証拠が出てくる可能性は低いかもしれない。

(2)民間での集団訴訟の動き

もし、意図的な不正入試が行われていたことが確実となったら、その入試で受かっていたはずの「不合格者」の救済が問題となるだろう。当然、不正入試による損失や精神的苦痛に対する、損害賠償請求訴訟も起こされるだろう。有志の弁護士を中心に「被害者の会」が組織される。

そして、もし、林文科大臣の命令が、文字通りに厳格に執行され、徹底的な実態調査が行われたとすると、この動きは、ほかの医学部や大学にも広がっていくことは確実である。数百億・数千億円規模の大規模訴訟が各地で提訴されるだろう。

(3)各国政府、人権団体による国際的な日本バッシングがはじまる

自民党の衆議院議員・杉田水脈氏による、LGBTに対する差別的な言説が、国際的な非難を浴びている。先月実施された、オウム真理教幹部に対する一斉死刑執行に対しても、政府レベルでの批判が出ており、日本の人権擁護の取組みの後進性が、国際的に批判の対象になっている。今回の女性受験者への不当差別も、日本社会の人権問題への意識の低さの証左として、さらなる批判を呼ぶことになるだろう。

(4)医学部入試問題、とくに数学の「難問化」が進む

一般論で言うと、大学受験生のなかでも、数学や物理を苦手とする女子は多い。この10年で、医学部を目指す女子受験生の割合は年々増加傾向にあるが、女子の合格率は増えていない。医学部によっては、女子の合格者数が異常に少ない大学も、少なからず存在する。

このような、女子の合格者・入学者が少ない医科大学・医学部は、難関の医学部に多いのだが、共通の特徴がある。それは、入試の数学の問題が難しいということである。

裏を返せば、女子をたくさん合格させたくない大学は、数学の問題を難しくすればよい。そうすれば、数学が苦手な女子受験生は受験を控えたり、受けても合格点を取れなかったりするだろう。これは、合法的な女子差別と言えなくもない。

数学ができることが、直接に良医の条件になるわけでもない。医学部で習得すべき知識の性質からいえば、理科3科目(化学、生物、物理)をしっかりと習得させ、むしろ国語の試験を必須とすべきとの考え方もある。たしかに、数学ができる受験生は、頭の回転が速く地頭がよいとはいえる。

しかし、広範で体系的な知識を習得する必要のある医師にとっては、理科の基礎知識や実際的な言語能力の方が重要だ。にもかかわらず、数学の成績を重視する大学が多いのは、ほかの科目ではなかなか点数に差が付きにくいという事情はあるものの、女子を排除する動機も働いているのではないか。

今回の不正入試を受けて、すべての大学で、正確な男女比・現浪比等の情報開示を、せざるを得なくなるだろう。

開示した時に、「なぜこんなに男子が多いのか?」と言われないように、あるいは、そう言われても問題にならないように、各大学は工夫を凝らすことになる。すでに男女比を公表している大学でも、急な男女比の変化が起こらないような対策をとるだろう。

その結果、女子の苦手な数学、そして物理などの科目の難度を上げて、合法的に、緩やかに女子合格者を少なくする対応を行うはずである。