photo by iStock

医学部専門予備校運営のプロが絶望した、この国の「入試差別」の実態

まさか、こんなひどい世界だったとは…

東京医科大の不正入試問題に絡み、女子受験生へ一律減点措置を施している事実が明るみになった。一個人の裏口入学にとどまらない、組織的に実施された「女性差別」。しかし、これは東京医科大だけの問題ではない、というのが多くの関係者、識者の見方である。文科省は、調査をすると発表したが、一体、なにが明らかになるのだろうか。

医学部専門予備校を10年以上運営してきた、原田広幸氏の嘆き――。

まさか、これが現実だとは……

東京医科大の不正入試問題の内部調査で、女子受験生と3浪以上の男子に対して、一律減点措置を施すという不当な差別を行なっていたことが判明した。しかも、何年にも渡り、組織的に実施していたという。

女子と多浪生への減点措置が、1次の学科試験から行われていたことには、正直なところ、かなり驚いた。

医学部予備校業界では、小論文や面接試験が行われる2次試験で、大学に都合の良い人材(若い男子)を優遇する措置を極秘裏に、ごく少数の学生に対して施しているだろうということは周知であった。

 

私は、すでに7月20日の記事、医学部予備校の元経営者が明かす「裏口入学のヤバイ実態」<http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56600>で、女子学生に対する差別的選別の可能性があることを示唆し、長年、そのための受験対策を行なってきたことを述べた。

学科試験ではごまかしが効かないから(差別は行われないだろうから)、なんとか学科試験で点数を稼げるようと、しっかりとした学力をつけるようにと、指導を行ってきたのだ。

しかし、実際は、学科試験から一律で減点措置がなされていた。土俵に上がる時点で、点数の20%が、男性よりも不利に設定されていた。面接点も一律に減点であった。

いったい、なんのための受験指導だったのか。はじめから勝敗が決められている八百長試合をさせられていた気分である。深く、やるせなさを感じる。私の生徒にも、東京医科大を受験して、優秀にもかかわらず、1次や2次試験で落とされた女子受験生や多浪生が、たくさんいる。彼らもきっと、怒りに震えているだろう。

「仕方がない」と言っている人たちへ

この問題に対して、医師でタレントの西川史子氏は、テレビのバラエティ番組で、「当たり前です、これは。(成績の)上から取っていったら、女性ばっかりになっちゃうんです。女性と男性の比率はちゃんと考えてないといけない」、「女性と男性は役割が違う。女性ばかりを医者にしてしまうと眼科と皮膚科ばかりになってしまう」と述べたという(Livedoor NEWSより)と述べている。

また、こういった発言に対して、ジャーナリストの有本香氏は、Twitterで「西川さんのこの発言とまったく同じことを今週末、近所にお住まいの複数の女性ドクターから聞きました。「女性差別だ!けしからん」という単純な話で片付けられないことなのですね。西川さん、テレビ番組でよくぞ、きちんとお話くださったと思います」と述べた。

男女比を操作し、意図的に男子を多く入学させる現行の入学制度は、(正しいとは言えないにしても)医療現場の実態から考えると合理性があるという趣旨の発言である。

photo by iStock

「医療崩壊」が叫ばれて久しい。現場の多忙さ、仕事のハードさ、責任の重大さに鑑みて、単純に医師の男女比が半々になるのが理想的とは言えない事情は、たしかにあるだろう。

しかし、医療現場における適正な人材配置の問題と、医師を目指すチャンスの平等性の問題は、まったく別である。

医療現場において、女性医師が多くなると問題が生じるとするならば、それは医局と大学病院におけるスタッフ配置の制度の改変が必要であるということを意味するに過ぎない。そのため、これは入試段階での差別が容認される理由にはならない。

つまり、現状の医療において男性医師のニーズが高いからといって、医学部入学試験における女性差別が合理的であるということにはならないのである。これは端的な誤謬である。

日本においては、医学部は、ほぼ唯一の医師になるためのルートである。医師になりたい女性の入学希望者を、最初から不利に扱うというのは、日本国憲法に規定されている平等の理念に照らしても明らかに不当であり、およそ近代国家の大学入試制度として許容されるべきものではない。

ちなみに、先進国(OECD加盟国)における医師の男女比の平均は、55:45で、ほぼ同等、日本の80:20に比べると格段の差がある(joynet 女性医師とつくるライフスタイルマガジンより)。患者の男女比は、男女ほぼ同数であろうから、女性医師を増やすことによるメリットも大きいはずである。

いわんや、まだまだ医師の絶対数が足りていないのが日本の医療の現状である。女性医師が増えすぎると困る、という発言は、男性中心主義者の心理的なバイアスに過ぎない。