「真実を知りたい…」東京医大不正入試問題、届かない受験生の思い

「受験生はモノじゃない。人間です」
井戸 まさえ プロフィール

「臼井全理事長が眼科だったのは象徴的な気がします。どんどん優秀な女性が進出してくる。それまで男社会の権力構造の中で保たれた秩序が壊されて行くのではないかという、そこはかとない不安もあったと思います」

ただ、医師不足はどの病院も深刻で、その根本原因に向き合わず、女性医師の増加とすることで納得していた向きもある。

「私立の医学部医学科の女子学生のほとんどは中高一貫女子校出身。実家が「太い」ため、激務に耐えて働かなくとも良い。医学部の中で夫をを見つけて、家庭を持ち、あとはパートタイム医師として自分の好きな時間帯で働くという層があるのも事実で、権力側にいる大学の理事や役員はそこばかりを見て『女性医師はいらない』となってしまう」とも指摘する。

「医療現場は今や、力仕事の時代ではない。外科でも例えば乳腺外科は女性医師が多い。この30年で変わったな、と思うのは、昔は『女の先生?大丈夫?』と言われたのが、『女の先生でよかった』『安心』と言われること。私たちの前の世代が頑張って働いて来たことで、信頼が培われて来たのだと感慨無量になります」

男性医師は医師としての権威こそ、患者との信頼関係に必要だと思っている向きもある。

「実は臨床は女性医師の方が向いているとだいぶ前から言われてきている。ケアの仕事ですから」

 

入試における「グレーゾーン」科目差、面接、小論文

しかし、現実に東京医大では女性受験者が合格しないよう操作が行なわれて来た。

そこまであからさまでないにしろ、受験時の選択科目によって女性受験者は緩やかに選別が行なわれているのではないかという声もある。

つまり、女性受験生が受験科目として選択をすることが多い生物を他の科目よりも難しい問題にして点数を押さえる、というものだ。物理は簡単、生物は難しい問題を出すことによって、点数操作をするのではないか、といった疑念である。

ただ、それを証明するのは難しい。科目選択は個々人の決定で、女性でも男性でも選択は可能だからだ。

結果は結果だから、それが女性差別だとは言えない。しかしそこに何かしらの意図があるのではないかという。これは「都市伝説」なのだろうか。

さらに「グレー」なのは小論文と面接だ。

「グレーというより、ブラックボックス」(前出 女性医師)

入試情報が書かれた冊子には、面接の内容とともに「圧迫面接」との文字が書かれている。つまり、わざと受験生が戸惑うような質問をするのだ。

上司にどなられても泣き出さないかどうか、メンタル面で必要な心の強靭さが試されているのだろうか?

「泣かない資質を見るとでも言うのか」(リコさん)

また、「点数がちょっと足りないけど、いくら寄付できるか?」と裏口の打診ともとれるケースも未だある。成績が優秀だと、明らかに国立大学へ抜ける可能性があるから、合格者と入学者数の把握のためにそれも聞かれるという。

小論文も意味不明な問題が多く出ている。

例えばロンドンの地下鉄の写真が一枚渡されて、感想を書け、とか、牧場の羊が水を飲んでいるところを見てどう思うのか等々。一体それが医師としての適性とどう関係あるのか。

つまり「答えのない問い」なのだ。受験者たちは「正解」を書こうともがく。しかし、面接官や採点者の意向で、点数は大きく変わってくるだろう。そこに大学側の「裁量」が残されるような仕組みなのである。

もちろん、付属校やAO入試等も「裁量」部分も大きく合否に関わってくる。