photo by iStock

「むき出しの支配に満ちたママ友の世界」が子どもの心に落とす影

世代間連鎖を防ぐ子育て論〈12〉

「ママ友」という言葉のはじまり

ママ友という言葉が一気に広がったのは、1999年のいわゆる「音羽女児殺害事件」以来のことではないでしょうか。

逮捕された女性が「同じ幼稚園に子どもを通わせる母親どうしの軋轢が背後にあった」と述べたことから、一気にママ友という言葉がメディアをとおして使用されるようになりました。

それ以来、育児期の母親にとってママ友との付き合い方が困難であるという先入観も生まれ、子どもを入園させた女性たちが神経をすり減らすことにもつながっています。

幼稚園に比べて保育園ではそれほど大きな問題にならないのは、たぶん送迎する前後に親どうしがそれほど交流を深めることがないからでしょう。何しろ時間がないので、ママ友どうしでおしゃべりといっても限定された時間だけになります。

女性の活躍という言葉が、政府主導で華々しく喧伝されるこのごろですが、特に大都市周辺では、子どもが小さいうちは、仕事に就かなかったり、時間調整が容易な働き方をしたりしている女性が多いことがよくわかります。

photo by iStock

地方都市では、保育園が一般的だったり、祖父母が送迎したりすることも多いため、ママ友問題はそれほど多くないのではないでしょうか。

しかし小学校になると、子どものいじめなどと連動する事態も起きるようです。近年はLINEなどのSNSで親どうしの交流も密になり、2015年栃木県で起きた事件は、子どものいじめに関連したLINE上での母親どうしの関係から2人の女性が自殺するという事態を生みました。

しかもそれを町全体で隠蔽しようとしたことで、却ってその異様さが際立つ結果となっています。

ママ友問題は、都市部にある幼稚園(ときには小学校)に子どもを通わせている、専業主婦的状況の母親の関係に限定されていると考えられがちですが、コミュニティによる縛りが強い地域では、ママ友どうしの軋轢が地域の抑圧的状況と連動して、問題をさらに深刻化させるという例も多いのではないでしょうか。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら