2018.09.11
# 植物学 # 環境

3.11の放射性物質は農作物に入ったのか? 農業は復興できたのか?

放射能汚染の「その後」(後編)
雨宮 崇 プロフィール

すると、原因として土壌中の交換性カリウム量(植物が利用できる状態のカリウム量)がいちじるしく少ない場合に、この移行係数が高まるということがわかりました。

なぜカリウムが少ない土壌でセシウムがよく吸収されるようになるのでしょうか。

その理由は、元素周期表を見てみるとわかります。実はカリウム(K)とセシウム(Cs)は周期表の一番左、同じ列にある同族元素。つまり、化学的性質が似ているのです。

周期表周期表の一部(著者作成)

カリウムは植物が生きる上で必要な元素なので、この量が少ないときに、セシウムを取り込もうとする働きのスイッチが入るのだと考えられています。

ではカリウム肥料をどの程度与えれば、セシウム吸収抑制に効果があるのでしょうか。

それを調べるために、農研機構と福島県農業総合センターで土壌中の交換性カリウム濃度と移行係数について調査したところ、「生育期間を通して土壌100gに対して交換性カリウムが25mg程度になるようにカリウム肥料を与えることによって、玄米の移行係数を十分に低くできる」ということがわかりました。

土壌中の交換性カリウム含量と玄米の放射性セシウムの移行係数 土壌中の交換性カリウム含量と玄米の放射性セシウムの移行係数(農研機構)

カリウム施肥に効果があった

このカリウム施肥の効果は非常に大きく、福島県や周辺県の水田で広く施行されるようになりました。

その結果、毎年1000万袋程度が測定される玄米の放射性セシウム濃度検査において、100Bq/kgを超過した玄米は2012年で71袋(0.00%以下)にとどまり、2015年からは1袋も検出されていません。

玄米の放射性セシウム濃度の変遷玄米の放射性セシウム濃度の変遷(福島県、ふくしまの恵み安全対策協議会

このカリウム施肥による移行抑制対策は、玄米の他に豆類などでも用いられました。

米や豆類を育てる際、放射性セシウムが土壌にある程度以上残存している場合には、通常の肥料としてのカリウムの施与量では、移行抑制を確実に行うには不足していたためです。

関連記事