写真:著者提供

韓国美人に寄せる「オルチャンメイク」に日本女子が夢中なワケ

でも本国ではもう流行ってません…

「韓国人の顔」になれるメイクが大流行中!

こんにちは。女子大生マーケターのもーちぃです。最近私の周り、というか10代女子を中心に「オルチャンメイク」というものが流行しています。オルチャンメイクとは簡単に言えば、韓国人の顔に自分の顔を寄せるメイクです。

もともとは、韓国好きの一部の女子がやっている個性的なメイクでしたが、今、オルチャンメイクはメディアでも頻繁に取り上げられるほど人気です。特にティーン向けの雑誌ではオルチャンメイクについての記事は必ずと言ってもいいほどあり、特集が組まれることも多いです。絶対嘘じゃんと思う方もいるかもしれませんが、これがマジな話で私の周りにもたくさんオルチャン女子がいます。

オルチャンメイクや韓国風メイクを特集した人気雑誌『JELLY』

「オルチャン」は韓国では死語

オルチャンメイクが韓国人顔に寄せるメイクと先ほど紹介しましたが、そもそも「オルチャン」とは韓国の造語で「顔が最高にいい」という意味です。日本で大流行中のオルチャンですが、韓国でこの言葉が流行ったのは2003年ごろとかなり前で、今では完全なる死語です。

現在、日本の10代女子は「オルチャン」の持つ本来の意味を無視し「韓国っぽい」というニュアンスで使っています。なので、「オルチャンメイク」は「韓国っぽいメイク」というニュアンスになります。

辞書に載っているわけではないので、正確な意味は分かりませんが、「オルチャン」が「韓国」という意味を含めて日本で使われていることは間違いなく、最近では韓国っぽい服や韓国ブランドのアイテムを使ったファッションを「オルチャンコーデ」や「オルチャンファッション」と呼ぶことも多いです。

 

常に韓国文化と共にあった幼少期

実は私もオルチャンメイクやオルチャンファッションを楽しむ「オルチャン女子」の一人です。小学2年生の時(当時冬ソナブーム真っ只中!)に韓国カルチャーが集まる街、新大久保に引っ越してきたこともあり、私自身韓国という国に興味を持ちはじめ、サムギョプサルやタッカンマリなどの韓国料理、Super Juniorや少女時代といったK-POPアイドルにもハマりました。

髪型やメイクも韓国人を意識している現在の筆者

その中でも私がもっとも関心を寄せていたのが韓国コスメです。当時、自分のお母さん世代がアンチエイジングには韓国コスメがいい!とか、チェ・ジウの使っていたファンデーションがいい!とか盛り上がっている中、中高生にも韓国コスメはプチブームになっていました。その頃私は小学生でしたが、姉の影響で韓国人の学生に人気な安いコスメの存在を知りました。

しかし、当時新大久保にあったコスメショップはどれもお母さん世代向けばかりで、お店に入れば韓国人のアジュンマ(=おばさん)店員にそばにくっつかれて半ば強引に購入させられるお店が多いイメージだったので、実際にお店で試すことはできずネットで情報を調べていました。当時はブログカルチャーが盛り上がっていた時代だったので、韓国コスメを使った感想が書いてあるブログをよく読んでいました。

オルチャンとの出会い

2013年頃、読み漁っていたブログの中で「オルチャンメイク」について書かれたものに出会いました。そのブログではオルチャンメイクは韓国で流行っているメイクということや、韓国人のメイクの特徴などが書いてありました。当時言われていたオルチャンメイクの特徴は、「眉毛は山がなく平行である」「アイラインは黒で長く太い」「涙袋がぷっくりしている」「唇の色は赤」というもの。

そのメイクは日本人の女優がしているメイクでも、ギャルがしているメイクとも違う……まったく目にしたことがないメイクでした。私は若干びっくりしましたが「これが韓国人のメイクなのか! かわいいかも!」と思ったことを覚えています。

実際には当時韓国で流行っていたメイクではなく、当時からさかのぼること10年前、2003年に韓国で流行ったメイクでした。そんなことも知らず、それから私はオルチャンメイクを試すようになるのですが、やっている人が少ないので「なにその変なメイク!」と親に言われオルチャンメイクで出かけることは控えるようにしてました。