〔PHOTO〕iStock

ドイツでも体感した「39度超、異常酷暑」の現実

ヨーロッパは大丈夫なのか...

ありえない暑さ

7月の後半、ヨーロッパは“世紀の夏”と言われる異常酷暑に見舞われていた。

ドイツ全体がすっぽりとサハラから直接流れ込んだ熱風に包まれたとかで、しかも、その熱の帯が頑として動かない。だから、スペインやフランスはもとより、ドイツも東欧も酷暑が続いた。普段なら夏でも20度を超えないスカンジナビア半島の北部でさえ、30度を記録するところが出た。とにかく暑かった。

私にとっては、すでに36度目のドイツの夏だが、年々気温は上がっている。昔のドイツは北海道と同じで、最高に暑くてもせいぜい33度。それが一夏に3日もあればいいところで、熱帯夜などありえなかった。昼間はカッと暑くても、夜は涼しくなるのがドイツの夏だったのだ。

ところが、ここ10年ほど、ありえない暑さが更新され続け、それどころか今年は38度を超える町が続出した。

ドイツ第2テレビZDFの天気予報(筆者撮影)

しかし、ドイツの家はもちろん、ホテルでさえクーラーのないところがまだまだ多い。レストランやカフェも同様で、都会でこそ「当店は空調完備です」と張り紙がしてあるレストランを見かけるようになったが、全体で見れば、サウナのようになっている店が圧倒的多数だ。

客は皆、外に並べられたテーブルの、パラソルの下に座っており、店内はほぼ無人。ドイツ人の現実生活はこの気候の変化に追いついていっていない。

 

アパートの最上層階に住む私の友人は、バルコニーにベッドを作って寝ていたし、テレビでは、地下室にマットレスを敷いて夜を過ごしている人のことをレポートしていた。それどころか、大きな冷蔵室の中で、3分間3ユーロで涼ませるという、信じられないようなサービスを始めたスーパーマーケットがあるとか、警察が、普段は暴徒に放水するための放水車で公園の木に水を撒いているとか、奇妙なニュースが目白押しだった。

ちなみに、ドイツの北部、東部は大旱魃で、農作物に甚大な被害が出ている。

〔PHOTO〕gettyimages

猛暑の街から酷暑の街へ

この世紀の夏の真最中、私は旅行をしていた。猛暑のドレスデンから酷暑のライプツィヒへ。どちらも旧東独の大都市だ。

ちなみに、東西ドイツ統一後、すでに28年が経とうとしているが、旧東独地域は押し並べてあまり経済が活性化しない。人口が減り、産業の発達が遅れ、失業者も多い。

そんな中、ドレスデンとライプツィヒは例外で、それどころか、ライプツィヒは今、出生率も人口も記録的な伸びを示している。もちろん、急激な難民流入のせいもあるのだが、それだけではない。どこか力強い、小さな起業家を引きつけそうな荒削りの魅力が、町全体に漂っている。