発酵時間0分から!自家製パンで憧れのアフタヌーンティーはいかが?

超省力・絶品ブレッドのレシピ公開!
ブルーバックス編集部 プロフィール

優雅なティータイムにぴったりのスコーンを手軽に

ティータイムにホイップクリームやクロッテッドクリーム、ジャムなどをつけて食べるスタイルでおなじみのスコーン。ホテルのアフタヌーンティーのイメージが強いが、意外に簡単(!)に作ることができる。

 材料直径5㎝の抜型で10個分)
  • 薄力粉 300g
  • 塩 4g(*)
  • 砂糖 35g
  • ベーキングパウダー 10g
  • 無塩マーガリン 65g
    (ないときは有塩マーガリンで。その場合は、塩の量(*)を少なめに調整する)
  • 全卵 65g(Lサイズ1個分が目安)
  • 牛乳 120g"

 作り方
(1)薄力粉、塩、砂糖、ベーキングパウダーを合わせてふるう。台の上でマーガリンと合わせていく。スケッパーでマーガリンを細かく刻むようにして合わせる。

【写真】スコーンの作り方1
【写真】スコーンの作り方2

(2)を、中央にくぼみを作り、そこに全卵と牛乳を流し入れる。

【写真】スコーンの作り方3

(3)ヘラなどを使い、周りの粉を中央に集めるようにして混ぜていく。こねないよう、切るようにして混ぜ合わせる。

(4)粉気は残っているが、ある程度均一に混ざった状態になったら、生地をひとまとめにする。
(5)麺棒を使い、厚さ2cm程度に伸ばし、直径5cm程度の丸型の抜き型で抜く。

【写真】スコーンの作り方4
(6)表面に付いた粉を払ってプレートに並べ、ナイフを使い十字の筋を付ける。
【写真】スコーンの作り方5
(7)表面に卵黄1個分と牛乳10g(以上、上記の材料外)を混ぜ合わせたものを塗る。
(8)240℃のオーブンで8~10分焼く。焼き上がったら、器に盛りつけ、サワークリームやジャムを添えて、どうぞ。
【写真】スコーンの作り方6