AKBが開いたパンドラの箱『PRODUCE 48』の代償と可能性

残酷すぎる光景から考えること
松谷 創一郎 プロフィール

48グループ「大転換」の可能性

エピソード2の途中まで、かなり長い時間をかけて日韓練習生のランク分け審査がなされた。この記事では48グループのメンバーに注目してきたが、全体的には誰の目から見ても韓国側の練習生とその実力は段違いだった。

秋元康の喩えを使えば、プロ野球の2軍チームと高校野球の選抜チームが試合をし、プロ2軍が圧勝している状況だと言える。しかも、48グループのメンバーの多くは持ち曲でチャレンジしてわけだから、金属バットを使っているようなもの。それなのに惨敗だ。もちろんそれは事前に十分に予想されたことではあるが、あらためて証明されてしまった。

そんな残酷とも言える光景を見せつけられると、さまざまなことを考えさせられる。あくまでもエピソード2までではあるが、やはりポイントとなるのは秋元康の戦略と、今後の48グループについてだ。

 

AKBを高校野球に喩えるくらいだから、48グループが惨敗する可能性は秋元自身も十分にわかっていたはずだ。しかし、それでもこの企画に参加した。そこに48グループの大きな転換の可能性がうかがえる。

実際のところ、秋元プロデュースのなかで現在人気があるのは、48グループのライバルとして登場した乃木坂46と欅坂46だ。また、テレビ朝日のリアリティ番組『ラストアイドル』から生まれた複数のグループも注目度が高まっている。

一方、AKB総選挙は、フジテレビの中継の視聴率は年々低下し続けており、グループ全体では指原莉乃の後釜が生まれない状況が続いている。48グループは各地域で着実に根を下ろしているものの、全体的には行き詰まっている状況にある。

さらにCDランキングが見向きもされないなかにおいては、握手券でオリコンチャートをハッキングした効果も失われた。

こうした膠着状況において、『PRODUCE 48』は最後の打開策なのだろう。ただし、それは間違いなく“パンドラの箱”でもある。

これまでファンとのコミュニケーションを軸に活動してきた48グループが、歌やダンスの実力でK-POPと闘おうとしているからだ。

それでもこの企画に秋元が参加したのは、もはやK-POP(韓国)を回避したままグローバル展開することが不可能だと認識したからかもしれない。松井珠理奈の惨敗とそれにともなう休養は、その大きな代償だ。

その一方で、宮脇咲良が着実に力を出し、竹内美宥のようにこれまで活かせなかった実力を発揮するメンバーもいる。さらにエピソード3以降、意外な面々が脚光を浴びることになる──。