8月24日 OSソフト「Windows 95」発売(1995年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1995年のこの日、マイクロソフト社が「Microsoft Windows 95 Operating System(通称「Windows 95」)」を発売。マルチウィンドウシステムの採用や、ネットワーク機能を強化したことなどが好評を博し、世界中で爆発的に普及しました。

【写真】発売されたWindows95
  発売された「Windows95」 photo by iStock

日本語版の発売は同年の11月23日でしたが、秋葉原では午前0時から販売を開始する店が多く、深夜にもかかわらず販売店に長い行列ができたそうです。

日本では、PC-9800シリーズなどに代表される独自のプラットフォーム(OSなどの基礎システム)によるハードウェア(機種)が主流でしたが、独自のオペレーション・システムである「Windows95」の普及は、互換性に優れたPC/AT互換機の急速な普及と平行しながら進みました。

PC/AT互換機の普及によって、それまで大手メーカー主流だった日本のパソコン市場が、小規模メーカーに門戸が開かれ、台湾などの国外メーカーによる低価格の部品も多く流通するようになりました。日本の大手メーカーも、自社での開発・生産からこうした小規模メーカーや海外メーカーからのOEM提供による生産に移っていったということです。

さて、ブルーバックスでもこの翌年の1996年に「Windows95」の入門書が2冊刊行されています。

その中身を見てみると……「1度に複数のファイルを選択するには」「LANとは何か」「自宅から会社のコンピュータを利用できるか」など、いまでも入門書などにある内容で驚かされます。