Photo by iStock

「ウミウシ」はあなたの心に加えて意外なものまで盗んでいく凄いやつ

逢いに行くにはどうしたらいいか

水から出してはいけない「宝石」

“海の宝石”とも呼ばれるウミウシをあなたは見たことがあるだろうか。

昔は、ウミウシと言うと、「海牛」と変換されてジュゴンやマナティーなどの水生哺乳類を想像されたり、唯一ポピュラーなウミウシの仲間であるアメフラシを思ってか「ああ、ナマコ?」と返されたりしていた(そして、アメフラシはナマコではない)。

けれども、この十数年の間に美しい写真集や図鑑が相次いで出版されたのもあってか、最近では「ウミウシってかわいいよね」と言われることが増えた。

実物を見たことはなくても、本屋やテレビでその姿を見たという人もいるだろう。ビビットな配色と繊細な造作はガラス細工を彷彿とさせる。

しかし、実際の体は思いのほか柔らかい。水から出すと、頭部のツノや背中にある花びら型の鰓などの細かいパーツは全て体に貼りついて、見るも無残な姿になってしまう。浮力のある水中だからこそ叶う美しさなのである。

ウミウシPhoto by iStock

ウミウシは軟体動物。巻貝の仲間である。

その証拠に、プランクトンとして過ごす子ども時代には、他の巻貝の子どもと同じ形をしている。しかも、この頃は貝殻を背負っている。大人の姿に変わる時が来ると、彼らは貝殻を脱ぎ捨てるか、体に吸収するなどして貝殻から解放される。

「ウミウシ」という呼称は、貝殻がないか、あっても目立たない巻貝の仲間に対して広く使われている。

そう聞くと、ナメクジのことを思い出すかもしれない。貝殻のない巻貝のうち、陸上にいるのがナメクジ、海にいるのがウミウシだと思ってもほぼ問題ない。
(2015年に初めて陸で暮らすウミウシの仲間が発見されるなど、例外はある)

ただし、両者は分類上少し遠い関係にある。その証拠の一つとして、目の位置が違う。ナメクジはカタツムリと同じでツノの先端に目があるが、ウミウシの目はツノの根元だ。

目が見当たらない種類も多い。あんなに派手な色をしているのに、本人には目がないというのも不思議なものだ。

真ん中に並ぶ2つの黒い点が、ウミウシの目真ん中に並ぶ2つの黒い点が、ウミウシの目 Photo by iStock

あまりに多様すぎる食性

写真を見て、実物をこの目で見たい! と願う人もいるだろう。

水族館に行けば必ず見られるかというとそうでもない。むしろウミウシを展示している水族館の方が珍しいかもしれない。