ウーマンラッシュアワー・村本大輔が語る「息苦しさからの脱出」

干されたとかっていうけれど

今年1月に続き、二度目の「アメリカ留学」へと旅経つと噂される、ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏。いま村本氏が日本で感じている「息苦しさ」について、ノンフィクションライターの中原一歩氏に語った。

呆れてしまうんですよね

村本:昨年末に放送された「THE MANZAI 2017」で、ウーマンラッシュアワーが北朝鮮とか、原発とか、沖縄とか、米軍基地とか、いわゆる‘’政治的なネタ‘’をやったじゃないですか。

それ以降、「村本はテレビから干されたんじゃないか?」って言う人がいるんです。あるいは「もっとテレビに出られるようなネタをやった方がいいんじゃないですか」とか、真顔で忠告してくるヤツまでいる。

ちょっと待ってくれ。おまえらは、どこまでテレビ至上主義なんだ。そして、なぜ芸人は常に「選ばれる」側で、こっちが番組を「選ぶ」側だ、という発想がないのか。

呆れてしまうんです。そうやって「テレビに出てない」「テレビに出た方がいい」っていう人は絶対、お金を払って舞台を見た経験がないんですね。

 

僕らが主戦場としているのは、テレビではなく、「なんばグランド花月」などの「劇場」です。そこでは、数え切れない有名無名の芸人が、日夜、自分たちが目指すオモロイ漫才をやっています。若手もベテランもない。誰よりも多くの笑いをとった者勝ちの「無法地帯」です。

とくに単独ライブを観にきて下さるお客さんは、お気に入りの芸人の、あのネタが聞きたくて、わざわざ時間を作って、チケットを買って、劇場に足を運んでくれます。そこは、客と芸人がリアルでつながり、舞台の空気を共有する現場であり、単に「テレビに出ている芸人」を見る場所じゃないんですよ。

確かに僕はテレビの選挙特番に出て、「選挙行ったことない」とか言ったり、田原総一郎さんが司会をやってる「朝まで生テレビ」に出て「日本国憲法第9条の2項なんて読んでない」と言って袋叩きにされるなど、いつも炎上してばっかですよ。そのうえ、「THE MANZAI」のような大きい番組でも政治的なネタをやるわけですから、会社(吉本興業)とすれば、多分、手のつけられない問題児なんでしょうね。

仕事に影響? ないわけないですよ。この前もある番組から仕事のオファーをもらったのですが、「あの漫才じゃない漫才できますか」と言われたので、断りました(笑)。

街を歩いてたら突然……

_____漫才のネタに政治を取り入れるようになってから、身の回りに何か変化はありましたか?

村本:それまで見たことも、会ったこともなかった団体の人から声がかかるようになりました。賛同できる主張も中にはあるのですが、だからといって、頼まれても協力はしないですよ。個別の主張を持つ特定の団体の拡声器の役割を担いたくないんです。俺の声とあんたの声は、同じようで「違う」ことを知ってほしい。それに、僕は影響されやすいタチなんです。だから、危うい(笑)。

また、村本の主張そのものが気に入らんという人も増えました。突然、街を歩いていて「おい、売国奴」って言われた(笑)。この前なんか、広島のある地方で居酒屋に入ったら、僕のファンだというおじさんと、僕のことが大嫌いだというおじさんが2人いて、この2人が僕のことで大喧嘩を始めました。

それが、右翼のおっちゃんとね、左翼おっちゃんなんです。お互いに僕のことをけなして、僕のことをかばって、大げんかですよ。それはそれで端から見ていて面白かったのですが、自分だけ正しいと思ってることを疑わない人とは、会話続かないですよね。だって世の中なんて、自分と相容れない意見ばかりじゃないですか。