Photo by Sweet Ice Cream Photography on Unsplash

お答えします 宇宙の「色」は「クリーム色」でした!

「観測可能な宇宙」の「先の先」へ!

「宇宙の果て」とはなにか

「ここまで宇宙の果てに迫った」という表現を書籍のタイトルや新聞の見出しで目にしたとき、宇宙について詳しい方ならば、それは「観測可能な宇宙の果て」つまり我々を中心として半径約464億光年に相当する範囲を思い浮かべることだと思う(あれ、宇宙の果ては138億光年じゃなかった? と思った方はこちらの記事をご覧いただきたい)。

しかし、「宇宙の果て」という言葉から多くの人がイメージするのは、「空間的な宇宙の果て」、つまり宇宙という空間が終わる場所ではないだろうか。

宇宙の果て私たちが考える「宇宙の果て」とは? Photo by Benjamin Davies on Unsplash

人類が「観測可能な宇宙」の内側にしか宇宙空間は存在していない、ということは考えにくい。そして、最新の宇宙論はこの「観測可能な宇宙」の外側についてもある程度のことを言える段階まで進歩している。

宇宙の色は何色ですか?

「観測可能な宇宙の果て」の向こう側について考える前に、現在、人類が宇宙をどれだけ遠くまで見通しているのか、一つの指標を紹介しておこう。

電磁波が宇宙を一様に満たして飛びかっている状態を宇宙背景放射という。

「天の川」という言葉は聞いたことがあるだろう。雲のようにぼうっと淡く光って見える放射を背景放射という。天の川もまた背景放射と言えるが、その実体は肉眼では見えない暗い星の集まりである。

銀河円盤の中に住む我々が見ると、空に一筋の川のように見えるものだ。

天の川天の川 Photo by John Fowler / Flickr

同じように、既存の望遠鏡で見て何も天体が写らない漆黒の空の領域も、我々がまだ検出できない無数の暗い遠方銀河が総体としてぼうっと光っているはずである。

これはつまり、宇宙というのは我々がイメージするような真っ暗なものではないことを意味している。