HPより引用

「くっつくスマホ」WAYLLYが10代女子に爆発的にウケたワケ

インスタでヒットを広げる方法

WAYLLY(ウェイリー)って何?

みなさんは、10代女子の間で爆発的にヒットしている「WAYLLY」という商品をご存じでしょうか?

WAYLLYとは、特殊素材「ナノサクション」を実装した「壁にくっつくスマホケース」のことです。「ナノサクション」とは、目に見えない無数のマイクロの吸盤の素材。ひと言でいうなら、「吸盤付き」のスマホケースが、WAYLLYなのです。

単に吸盤が付いているだけ、ともいえるこのスマホケース。テレビではすでに5回ほど、女性誌では両手では数え切れないぐらいの特集が組まれました。なぜこの「くっつくスマホケース」が売れているのか? 今回はそれについてお話をしていきたいと思います。

 

世の中にないものを生み出す

私が代表を務める会社「ケースオクロック」は、「ニュートレンドを世の中に提供し続け、時を刻む企業」を理念として、ハンドスピナーやWAYLLYなど、新たなトレンドを生み出しそうなプロダクトを制作・リリースしています。

今回のWAYLLYを作るきっかけになったのも、「これまでにないスマホケースを求めた結果」でした。というのも、これまでのスマホケースはただおしゃれなデザインを追求するばかりで、新しい「機能」を搭載したケースは皆無だったからです。

スマホケースには、もっと面白くて便利な機能を加えることができるはず……そう思って、これまでにない「いまの時代に必要とされる機能」を搭載したスマホケースを開発しました。

それが「WAYLLY」です。

WAYLLYは、あらゆるものに「くっつく」という機能を持ったこれまでにないスマホケースでした。「ナノサクション」という、ナノレベルの吸盤をスマホケースに掛け合わせ、「くっつくスマホケース」が実現したのです。

とはいえ、パッと見は、スマホケースにナノサクションが加工されているだけの、単なる黒色の無地のケース。これだけだと、他のスマホケースと比べても「壁にくっつく」しか違いがなく、インパクトは今ひとつ……。ヒット商品を生み出すには、プラスアルファが絶対に必要です。

「くっつくケース」という機能を活かしつつも、おしゃれなデザインケースを作れないだろうか。そう考えて、背面部分に搭載したナノサクション部分の色を青色の素材にしたり、オレンジ色の素材にしたり、ケースの外枠の色味をピンクにしたり青にしたりしたがイマイチ……。

試行錯誤を繰り返した結果、ナノサクションに特殊な加工を施す(すみません、 ここは企業秘密です)ことで、 繊細なナノサクション部分を壊す事なく、 絵柄を表現することができるようになりました。

HPより引用

このナノサクション部分にデザインを入れたのは、WAYLLYが世界初。納得のいくレベルの「世界初の製品」ができました。