43歳ライター「わが熱中症体験記」~本当に、死の危険を感じて…

甘く見てはいけない。命を守るために
今年の夏の暑さは異常だ……と思っていたら、熱中症になってしまったライターの嶺竜一氏(43歳)が、本当の危険性を、実体験をもとに語る――。

孤独死で一番多いのは熱中症

5年ぶりに最高気温40度を記録。日本列島が文字通りの猛暑に襲われている。7月12日~18日までの1週間で1万人以上が熱中症の症状を訴えて病院に救急搬送され、治療を受けているという。

そして、この40度に近い猛暑が7月いっぱい続く見込みだというから、恐怖である。

筆者がかつて取材した特殊清掃業者(腐敗した遺体及び室内を掃除・リフォームする業者)の話で印象に残っているのは、孤独死で清掃の仕事に呼ばれるケースで最も多いのが、熱中症だということだ。

 

夏の夜、ベッドや布団の上で熱中症にかかり、動けなくなり、そのまま人知れず息をひきとる。あがいた様子もなく、寝た姿勢のまま腐敗しているケースが多いのだという。

真夏の遺体は数日で腐食し、皮膚が破けて全身から脂と体液が流れ出し、筆舌に尽くしがたい状態になるそうだ。通報される要因は、たいていは異臭なのだが、「天井から凄く臭い液体が垂れてきた」という下の階の人からの通報で発見される例もよくあるという。

特殊清掃業者の社長は、「数十年前に比べて日本は格段に暑くなっている。寝るときに冷房を切るのは、最も危険な行為。冷房はつけたまま、枕元にミネラルウォーターを置いて寝てほしい」と切に語っていた。

「熱帯夜」(最低気温が摂氏25度を下回らない夜)という言葉が昔ほど聞かれなくなったのは、それがあまりにも当たり前になってしまったからだ。

今週もすでに多くの方が熱中症で亡くなっている。熱中症は、症状が悪化すれば突然死に至る危険なものである。にもかかわらず、こんな灼熱地獄の中でもランニングをしたりゴルフをしたりしている人がいる。

熱中症を甘く見ている人は多いと思う。若いから平気だろうとタカをくくっている人もいるだろう。

また、熱中症は「一時的に具合が悪くなる」症状だと思ってはいないだろうか。冷房の効いた部屋に移動して経口補水液を取って安静にしていれば程なく治るものだと思っていないだろうか。だとしたらそれは、とんでもない思い違いだ。

そこで、私が先週末に身をもって体験した熱中症の、恐るべき症状について伝えたい。