Photo by Gamze Bozkaya on Unsplash

同じ濃さの砂糖水でも、色が違えば「甘さ」も違う!最も甘い色は?

「五感の個性」から人の感覚を知る冒険
人は、世界をどのように感じ、認識しているだろうか?
私たちは、視覚や聴覚などの五感で世界を捉え、その情報を脳で処理し、その結果が、感情や行動につながっているという。
立教大学現代心理学部の日髙聡太准教授は、普段は意識されない「見え方」や「聞こえ方」などを研究して、「人が世界を感じる仕組み」の解明に取り組んでいる。

(立教大学「FEATURED RESEARCHERS」より一部転載)

あなたと私は違う世界を感じている

私たちの毎日は、身の回りの状況を「感じる」「考えて理解する」、そして「行動する」の3つで営まれている。それらの営みについて、誰もが持つ共通性を導き出そうとするのが「基礎心理学」だ。

日髙准教授の専門は、その中でも認知心理学、知覚心理学といった分野。この分野において、五感の間で生じる「感覚間相互作用」を主なテーマに、長年研究に取り組んできた。

2013年には「触れられると、目の前の物が見えにくくなる」ことを、世界に先駆けて証明したことで注目を集めた。

日髙准教授の最近の関心事は、共通性とは対極にある「個人差」にある。

「実験では全員に同じ条件下で同じ感覚入力を与えるのに、人それぞれに反応が異なります。例えば、何人かの実験参加者に同じ条件、同じ強さで触れるテストを行うと、全く気付かない人がいれば、逆にものすごく敏感に反応する人もいる。

感じ方は人によって驚くほど違うのです」

同じ事実を前にしても受け取り方はそれぞれに異なる。見る、聞く、触れるといった感覚が違えば、同じ場所にいても、あなたと私の周りには別の世界が広がっているのではないか。そしてそれは、個人が持つ特性の差に通じているのではないか……。

そんな考えから、今、日髙准教授は大学院学生と共同で、さまざまな研究に取り組んでいる。

私たちの「舌」は「見た目」に騙される

「研究の出発点は“自分自身のことが知りたい”という単純な好奇心なんです。自分の心や脳、身体で何が起きているかを知ることは楽しいですよ、純粋に」と顔をほころばせる日髙准教授。

知的な好奇心こそ、研究の最も重要な動機。当然、学生の「面白そう!」にフタをすることはない。

「学生にもテーマを押し付けず、『自分が楽しいと思うことをやろう』といつも言っています。彼らの視点って素晴らしくて、僕には思い付きもしないアイデアが出てくることもあり、刺激的です」

面白そうだから、もっと知りたくなる、もっと調べたくなる。その結果が思わぬ波及効果を及ぼすことも少なくない。

以前、ある学生からの提案をもとに、飲み物の色が味覚に及ぼす影響を調査した。同じ甘さの砂糖水を、色を変えて飲み比べたらどうなるのか、という実験だ。

色水Photo by Getty Images

まず実験参加者に、青、茶、ピンク、緑、無色、など7色を見せ、それぞれの色からどのようなイメージを受けるかを調査した。結果、見た目で最も甘そうだと感じる色はピンクだった。

次に、同じ量の砂糖が入っているピンクと無色の砂糖水を作る。実験参加者には、入っている砂糖の量は知らせずに一つずつ飲んでもらい、甘さを判断させる。その結果、実際の甘さは同じにも関わらず、ピンクの方がより甘いと判断されるという結果に。

つまり、見た目が味の感じ方を左右していることが分かった。

「この実験を論文にまとめて発表したところ、家政学の研究者から問い合わせがありました。僕たちは単に色と味覚の関係の仕組みを知りたくて研究を行いましたが、それが調理や食品の開発に役立つかもしれない。

自分たちの好奇心を、ああでもないこうでもないと追究することが、誰かの発想を刺激したり、思いもよらない発明にリンクしたりする。『面白そう』がどんどんつながれば、思いがけない発見に結び付くことがあると思います」

この先、脳科学や統計学からのアプローチで知覚や認知を読み解けば面白い展開が待っているのではないか。日髙准教授は、さらなる研究の進展に期待をふくらませている。

(日髙聡太准教授の研究者情報はこちら 研究者ページはこちら