〔PHOTO〕gettyimages

米中貿易戦争で、中国側の反論がほとんど聞こえてこない「ある事情」

中南海で一体なにが…?

「アメリカの行為に驚きを禁じ得ない」

北京が何かおかしい、何かが起こっている――。

7月6日に「開戦」した米中貿易戦争は、同日アメリカが340億ドル分の中国産品に対して25%の関税をかけ、中国も対抗して同額のアメリカ産品に25%の関税をかけた。この「第一ラウンド」までは、明らかに中国側は威勢がよかった。

ところが先週10日、米トランプ政権が新たに6031品目、2000億ドル相当の中国産品に10%の追加関税を適用していくという方針を発表した。家具、カーペット、自転車、スキー板、トイレットペーパー、ハンドバッグ、ペットフード……もう中国製なら何でもありといった感じだ。

これに対して、中国側がどのような反撃に出るのかに私は注目していた。昨年の米国からの輸入額が1539億ドルしかないため、2000億ドル分への「相応の対抗措置」が取れないためだ。

〔PHOTO〕gettyimages

すると7月11日午後12時10分、商務部が短い報道官コメントを発表した。全文は、以下の通りだ。

〈 アメリカ側が加速度的にレベルを上げて追加関税を発表していることは、完全に受け入れることができず、厳正なる抗議をここに表明する。アメリカの行為は現在、中国を傷つけ、全世界を傷つけ、アメリカ自身をも傷つけている。このような理性を失った行為は、人心を得ることはできない。

中国はアメリカの行為に驚きを禁じ得ない。国家の核心的利益と国民の根本的な利益を維持し保護するため、中国政府は一貫して、必要な対抗措置を取らざるを得ない。それと同時に、国際社会に対して共同努力を呼びかける。そして共同で、自由貿易の規則とグローバルな貿易体制を維持、保護し、共同で貿易覇権主義に反対していく。同時に即刻、アメリカの一国主義の行為に対して、WTO(世界貿易機関)に追加で提訴する 〉

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら