元側近らが次々に明かす、ソフトバンク孫正義「知られざる金銭哲学」

日本一のお金持ちの、超意外な金銭感覚
マネー現代編集部 プロフィール

自宅の庭にはバンカー

自宅があるのは旧三菱財閥の岩崎邸などがある高台エリアで、都内屈指の高級住宅街。入口の門横には警備員室があり、警備員が24時間体制で常駐している。

門横には、「SON」の表札。近隣住民が言う。

「このあたりには、ブリヂストン創業者の石橋正二郎邸や、三菱東京UFJ銀行のゲストハウスである永坂荘などの大きな建物が建ち並んでいるけれど、孫さんの自宅はそれらにも引けを取らない大きさです」

元マイクロソフト日本法人代表の成毛眞氏が、孫邸を訪ねた際のことをこう語る。

「私は(米マイクロソフト創業者の)ビル・ゲイツと一緒に訪ねたんですが、入れば中は自宅というより迎賓館。なにせ和室は40畳くらいはあるんじゃないのかというほど巨大だったし、カクテルグラスやシャンパングラスを持って100人くらいでパーティができるサンルームもありました。

家族だけで住むための仕様じゃないですよ。庭には孫さんの趣味のゴルフの練習をするためのバンカーが設置されていました」

 

前出・三木氏も言う。

地下にはゴルフシュミレーターがあるんですが、実はこれは孫さんが自分で開発して特許をとったソフトです。かつては毎晩のようにここでワンラウンドやって、朝にはサウナですっきりするという生活をしていました」

高級住宅地の一角でゴルフに興じるというのは、まさに富豪だけに許された贅沢だろう。ユニクロ(ファーストリテイリング)の柳井正会長兼社長の自宅にも、敷地内にゴルフ練習場があるのは有名だ。

「孫氏のゴルフの腕前は相当なもので、90年代前半にはパープレイを成し遂げ、すでにホールインワンも達成しています」(前出・元幹部)