年金暮らしの人が「旅行」「外食」「携帯料金」を格安にする裏ワザ

米を激安でゲット、メルカリ活用術も!
森永 卓郎 プロフィール

食費も、携帯料金も…!

そもそも、年金生活者の家計を圧迫する最大の支出は「食費」。

ここが圧倒的に大きいのですが、現役時代のように感覚が抜けずに、この支出が過大になっている人は少なくありません。そういう方には、思い切って引っ越しをおススメします。

狙い目は、「都心からおおむね30㎞」のエリア。物価というのは都心から距離が離れて行くと「U字型」になる特徴があり、都心から郊外にいくと下がっていくのですが、都心から距離があり過ぎると高くなる。都心からおおむね30キロ圏が最も安くなる(⑨)のです。もちろん関東圏で言えば横浜などは例外ですが、埼玉の所沢あたりは一番物価が心地よいエリアといえるでしょう。

ちなみに、私はその所沢に住んでいます。駅からバス便のエリアならば、1000万円でいい中古物件が買えます。周囲には畑があって、野菜の無人販売場がある。100円で、何種類も野菜が手に入ります。しかも、家には畑がついていたりして、そこで野菜を育てればさらに食費も安くなるし、ないよりスーパーの買い物も都心より全然安い。

たしかに仕事をしているときにはバス便はつらい。でも「自由業」になるなら、バス便のところでもいいじゃないですか。思い切って都心から引っ越してみるのも手だと思います。

 

年金暮らしになって時間があり余っているということは、実におカネを有効に使えることとイコール。

仕事の電話に追われることもないのですから、携帯も格安スマホで十分。私は仕事用に別に持っていますが、プライベート用は楽天モバイルの一番安いスマホで月額1250円です(⑩)。それでもネットが見れて、メールも使える。通話料は高いので、メールで用件を伝えればいい。

このように家計の工夫に熱中すると、いろいろな発見もあって楽しく生きられます。みなさんもぜひ、今日から始めてみてはいかがでしょうか。