年金暮らしの人が「旅行」「外食」「携帯料金」を格安にする裏ワザ

米を激安でゲット、メルカリ活用術も!
森永 卓郎 プロフィール

ほんの少しの工夫でハッピーに

こういう類いのネタは無数にあります。

私はトミカのミニカーのコレクターですが、ミニカーが発売された先からすべてを買おうとすると毎月5万円~6万円はかかってしまう。それなのにすべて買っている人が周囲に少なからずいて、なぜそんなにおカネがあるのか不思議だったのですが、SNSの仲間に教えてもらって謎がとけたんです。

彼らは限定品が出ると、必ず並んで買う。そのときに、店が売ってくれる範囲内でなるべくたくさん買う。そのうち1つを自分のモノにして、残りをすべて仲間に売る(⑥)んです。

実際、私は彼らからミニカーを買っているのですが、忙しい私の立場からいえば、並んで買う余裕はないからありがたい。彼らにしても趣味と実益を兼ねられるから、最高のプチ商売になっているわけです。

どうでしょうか。少し工夫をするだけで年金暮らしがリッチでハッピーなものになるという気持ちになってきたでしょうか。

 

米代が激安になる方法

まだまだ裏技はあります。

外食費をおさえるために、株主優待とクーポンを活用する手があります。

たとえばすかいらーくグループは、高齢層は5%の割引カードがもらえます。そのうえ、新橋の金券ショップに行くと、すかいらーくグループの株主優待券が87%くらいの割引価格で買える。

この2つは併用できるので、2割引き近い価格ですかいらーくグループのレストランで食事ができます(⑦)。細かいと思われるかもしれないけど、これだけやればかなりお得です。

ふるさと納税も駆使しましょう。

たとえば、静岡県の小山町にふるさと納税をすると、リンガーハットの食事券がもらえます。お米もふるさと納税で手に入ります。いまふるさと納税で1万円寄付すれば、20キロほどもらえます。

2万円も寄付すれば高齢の2人世帯なら1年分にはなるでしょう。しかもふるさと納税ですから、ほぼ全額税金で控除され戻ってきます。これでお米代は劇的に安くなる(⑧)わけです。