年金暮らしの人が「旅行」「外食」「携帯料金」を格安にする裏ワザ

米を激安でゲット、メルカリ活用術も!
森永 卓郎 プロフィール

夕方のフリマで「無料」の商品をゲット

洋服などの買い物は、是非ともフリーマーケット(フリマ)を活用してください。

いまは『メルカリ』などスマートフォンのフリマアプリが流行っていますが、そのコツはあとで説明します。年金暮らしの方には、ひとまずは公園などで開催されているリアルなフリマがおススメです。

 

なにせ、フリマはお宝の宝庫。時間に余裕のある年金暮らしの人であれば、朝一から会場に行けますから、そのお宝を真っ先にゲットできる可能性が高まります。

また、夕方くらいになってくると実質的にタダでもらえる商品もでてきます(③)。売り主はモノを処分しにきているので、持って帰るより処分したいという人も多いんです。

これをゲットしない手はありません。

photo by iStock

こんなものが売れるか? というものが売れる

年金暮らしの人がみずからフリマでモノを売って、稼ぐ方法もあります。

たとえばいま、横浜のシュウマイで有名な崎陽軒の「しょう油さし」は期間限定版であれば、前述したメルカリで、500~600円で売れるんです。マニアがいるんですね。

500円で売れれば、手数料と送料分を抜いても310円が手元に残る。そうすると崎陽軒のシュウマイ620円を実質310円で食べられる(④)ことになります。

6月上旬には、京急と崎陽軒のコラボ弁当が販売されていました。

これは並ばないと買えなかったのですが、その期間限定の弁当についたプレミアムの「しょう油さし」は、最初1週間ほどは1個2200円で取引されていました。弁当が1200円だったので、800円以上のおつりがきてしまう。

並んで弁当を買って食べて、メルカリでしょう油さしを売るだけで、800円の儲け(⑤)。これはサラリーマンには決してできないおカネの作り方です。時間とはこういう風におカネにかえられるものなのです。