Photo by iStock

江戸時代にはお米が「証券化」されていたことをご存知ですか

驚きの「世界初の先物取引市場」の実態
「世界初の先物取引市場」は、日本の江戸時代にあった…!? 江戸時代、大坂の堂島米市場では、現在の証券市場と同じように米を証券化した「米切手」が取引されていた。しばしば暴走を繰り返すマーケットに、江戸幕府はどう対処したのか。江戸時代の「資本主義」の実体を活写した『大坂堂島米市場——江戸幕府vs市場経済』(現代新書)より、その一部を公開する。

躍動する江戸時代の市場経済

市場経済という、頼もしいが気むずかしい友人と、どのように付き合っていけばよいか。現代に暮らすわれわれには避けて通れないこの問題に、経済学も、学ぶべき先例もなく対峙した人々がいた。江戸時代の日本人である。

長い戦乱の世が終わり、人々が平和の恩恵を享受し始めると同時に、市場経済もまた目覚ましい成長を開始した。より多くの財が市場を通じて取引されるようになり、より多くのお金が人々の間を行き来することになった。

こう言っただけではやはり実感が湧かないだろうから、米取引を素材にして、もう少し具体的に描写しよう。

江戸時代に米が盛んに取引されたことはよく知られている。だが、米切手(こめきって)という証券を通じて米を売買する市場があったことはあまり知られていない。

この市場は、日本においてよりも、むしろ海外において有名なのかもしれない大坂の堂島米市場(どうしまこめいちば)である。

米切手とは、諸大名が大坂で年貢米を売り払う際に発行した、言わば「お米券」である。この「お米券」を購入し、発行元の大名に提示すれば、1枚当たり10石(米の重量にして約1.5トン)の米俵と交換してもらうことができた。

期限内であれば、いつ米俵と交換してもよいので、商人たちは、しばらくの間「お米券」のまま市場で取引を行った。重たくて嵩の張る米俵で取引するのはいかにも不便だから、当然と言えば当然である。

このように、発行した「お米券」について、全てが直ちに米俵との交換を要求されるわけではないことを知っていた大名は、実際に大坂で保管している在庫米の量以上に「お米券」を発行し、資金調達を行うことがあった。

いや、それが日常化していた。つまり、実際に大坂に存在する米の量以上の「お米券」が、大坂市場を飛び交っていたのだ。

 

世界初の先物取引市場

商人にとって「お米券」は便利な証券である。持ち運びや売買に適しており、何よりお米の保管場所を心配しなくてもよい。

一方、大名にとっても「お米券」は便利な証券である。今はまだ手元にはない米についても売ることができる、つまり必要なタイミングで資金を市場から調達できたのである。

しかし大坂の米商人たちは、この便利な「お米券」取引だけでは飽き足らず、「お米券」の先物取引まで行うようになる。

日本の大坂米市場は、世界初の組織的先物取引市場であるとする海外の方も少なくない。

なかでも著名な人物としては、世界最大の先物取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所を運営するCMEグループの名誉会長であり、「先物取引の父」とも呼ばれるレオ・メラメド氏(1932〜)が知られている。

メラメド氏の著作以外にも、堂島米市場に言及する海外文献は数多く存在し、先物取引の教科書で紹介されることも少なくない。これらを逐一列挙することは避けるが、堂島米市場は日本よりも、むしろ海外において認知度が高いとすら言える状況である。

現代日本人にはあまり知られていない堂島米市場であるが、もちろん江戸時代においては相当に有名だった。

延享5(1748)年に刊行された「米穀売買出世車図式(べいこくばいばいしゅっせぐるまずしき)」という書物には、次のようにある。
  
諸商売の相場の多くは、大坂を根本としている。これはよく知られていることなので、ここに長たらしく記すことはしない。その中でも、米相場には帳合米商(ちょうあいまいあきな)い(筆者註★:「お米券」の先物取引)というものがある。米を持たなくても、思惑次第でこれを売り、また米を入れておく蔵を用意しなくても、思惑次第で米を買うことができる。二十俵から始まって、二百俵の取引とし、さらにそこから千石、万石、万々石の売買を行うにも便利であり、毎日数万の人が取引を行っている。この相場の動きをうまく予想すれば、万両の金を得るのも瞬く間である。
(現代語訳)
  
じつに躍動感溢れる描写である。明和7(1770)年に出版された書物には、「数千の人、毎日数十万俵うりかい、一俵も違わず日々に滞りなく帳面納まる事、またほかにたぐいなき商いなり」(「商家秘録(しょうかひろく)」)とある。

これら数値の信憑性はさておき、電子計算機のない時代に、大量の取引を滞りなく清算できた処理能力の高さには驚くほかない。