8月10日 グリニッジ天文台が設立される(1675年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

英国王チャールズ2世の命により、天文航海術研究のための天文台が、ロンドン郊外グリニッジに設立されました。

ハレーの彗星の発見や、ブラッドリーの光行差の発見など、多くの業績がこの天文台から生まれ、1884年には、ここを経度の原点としてグリニッジ標準時が制定されました。

現在、科学研究のための天体観測の機能は、より気象条件の良い他の天文台へと移されましたが、科学の発展を伝える博物館として一般に公開されています。

【写真】グリニッジ天文台グリニッジ天文台 photo by iStock

 もっと知りたい! 関連書籍はこちらです 

4次元デジタル宇宙紀行Mitaka

4次元デジタル宇宙紀行Mitaka DVD-ROM付

誰もが「見たかった宇宙」を迫真の画像で描き出す。137億光年彼方まで可視化した国立天文台の4次元デジタルビューワ「Mitaka」が抜群の操作性と詳細な解説と名場面のスクリプトつきでDVD-ROMに収録!