〔PHOTO〕gettyimages

18歳の高卒青年が名門スタンフォード大の研究員になれたワケ

「遺伝子ゴールドラッシュ」の兆しか

学生としては不合格でも…

世界でも一、二を争う米国・西海岸の名門スタンフォード大学。そのバイオ工学部の「Research Fellow(研究員)」に就任したケオニ・ガンダル君は、まだ18歳の青年だ。

飛び級制度が整備された米国のことだから、ガンダル君は十代にして博士号を取得した早熟の天才と思われるかもしれないが、実は彼は高校卒業の学位しか持っていない。

そんな彼が世界的な名門大学の研究職に就くことが出来たのは、あらゆる生物のDNA(≒遺伝子)を自在に改変するゲノム編集技術「クリスパー」の腕前を買われてのことだ。つまり彼は、この驚異的なバイオ技術の専門家として一目置かれる存在なのだ。

ガンダル君が生物学への関心を持ち始めたのは2011年、彼が11歳の頃だった。以来、自宅の寝室にシャーレやピペット、さらには遠心分離機やトランス・イルミネーターなど実験器具を買い揃えて、生物学の研究に没頭してきた。

しかし学校では他の学科に全く関心を持てなかったので、高校卒業の学位すら「かろうじて取得した」という。

このためガンダル君は志望校のスタンフォード大学への入学願書は不合格となったが、他方でそのゲノム編集の並々ならぬ力量を買われ、(学生としてではなく)プロの研究者として同大学に採用されることになった。

これについて彼は「とても皮肉な事ですよね」と(この事を紹介した)ニューヨーク・タイムズ記事の中で語っている。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら