Photo By iStock

大手メディアが黙殺する、ヤマトHD「水増し請求疑惑」の深層

告発者の警告を、会社は無視し続けた…

告発者が90分にわたって激白

<私が、「水増し請求」に気付き、是正措置を取ったのは2010年だから今から8年前。それから何度も、いろんな形で警告しましたが、会社は聞く耳を持たない。刑事告発して警察の手に委ねることにしました――。>

東京地裁に置かれた司法記者クラブで会見を開き、こう衝撃の告発をしたのは、ヤマトホームコンビニエンス(YHC)の槇本元(はじめ)・元四国支店長(66歳)である。

YHCは、宅急便で知られるヤマトホールディングス(ヤマトHD)の引っ越し部門。衝撃だったのは、「水増し請求」が恒常的に行われて、それを会社は知る立場にあったのに放置していたこと。それが運送業のなかでも信用力の高さで知られるヤマトHDで発生していたことである。

 

ただ、マスメディアがこの会見を大きく取り扱うことはなかった。『赤旗日曜版』が、7月1日号で、愛媛県東部の工場地帯にある「ルネサスエレクトロニクス」子会社の社員寮で行われた「荷物量を5~10倍、料金を4倍以上、過大請求している」(槇本氏)という事例をもとにスクープ報道。会見がその翌日だったせいもある。

他紙の「後追い」を嫌うマスメディアの習性はわからなくはないが、これは伝えておくべき問題だろう。

そこで私は、四国の高知市から上京していた槇本氏が、夜行バスで帰る直前、90分にわたり話を聞いた。

そこで判明したのは、告発を受け入れられないばかりか、定年延長の職場ではイジメのような仕打ちを受けた槇本氏と会社の戦いのドラマもあった、ということだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら