お金がなければ医師にはなれなかった「マニュアル医師」の危うい診療

「医大裏口入学問題」に思うこと
小田切 容子 プロフィール

お金で医師になる?

ほとんどの私大医学部で大変なのは、授業料のみならず「寄付金の多さ」でもあります。授業料や諸経費を入れると、6年間で2千万~4千万を超えるところもあります。そこにさらに「寄付金」も加わるのです。佐野容疑者の場合は国の税金を使って自分の子どもの裏口入学をしたわけですから論外ですが、「裏口入学」とは何だろうか、と思うこともあります。

知人はとある中堅私大医学部を受験した時、面接で「寄付金はいくら払えますか」と聞かれたそうです。ちなみに6年間の授業料だけでもすでに数千万円。結果としてさらに1千万円程度を払ったそうです。任意とはいえ、成績次第では「払わないと入れない人もいる」のです。

いくら優秀でも高額すぎて入学できないので、そこまでお金の払えない優秀な学生たちが近づかないというデメリットが生じました。今では以前より安くなって、私大の医学部に優秀な子が入りやすくなってもいると言われています。寄付金は不要と明記する私大もあります。

百歩譲って、寄付金を積み上げて入っても、そのあと必死で勉強をし、いい医師になることができる可能性はあるとは思います。ですが、医師の仕事は地味で泥臭く、ハードで責任のある仕事です。自己を多少犠牲にしても「患者さんを助けたい」という強い思いがないととてもやっていられません。

それくらいハードな仕事を、抜け道をとおってお金でなんとか入った人ができるのかな……という心配は、どなたでも感じることではないでしょうか。

お母さんに言われたから医師を選ぶ?

リーマンショック以降、「安定しているから」「くいっぱぐれないから」という理由で、医師になろうとする人が増えました。「医師の仕事がしたくてなった」わけではないのです。あるとても優秀な学生に会って、「なぜ医学部に行ったの?」と聞いた時、「え、お母さんに言われたから」と返事をされて大きなショックを受けたことがあります。

東大に行ってもどうなるかわからない、医者になれば安心じゃないか、というのです。

でも、医師という仕事は人の命を扱う仕事です。「医師の仕事をやりたい」というモチベーションがなければ辛い仕事だし、身体的にも精神的にもタフでないとやっていられません。いくら頭脳明晰で、お金に頼らず入学できる人だとしても、「患者さんを治すために何ができるか」を一番に考え、努力できる人が医師になったのでなければ、患者さんはもちろん、医師になった人自身のためにもよくないと思います。

当直もあるし、当直明けでも患者さんが目の前にいて苦しそうにしていたらすぐに帰るなんてことはなかなかできません。「働き方改革」を簡単にはあてはめられない職業です。

医師にとって大切なのは、AIでわかる範囲のさらに上を考えることだと思っています。例えば、先ほど挙げた鑑別診断こそAIを利用して精密に行い、そこからの判断を人間の医師がしていけたらよいのではないでしょうか。

検査をして、その結果を分析して、病態を考える。それは検査からだけではなくて、患者さんとの問診が何より大切です。どんな症状か、どんな言葉、表情や動作で症状を訴えるか、どういう生活をしているのか……等々。それでわかることがたくさんあるのです。しかもそれらはこちらから引き出さないとなかなか患者さんは話してくれなかったりします。

医師の仕事をしたいと思って医学部に入ったわけではない人は、モチベーションが続かず、医師としての情熱や意欲が薄い人が多いように感じます。願わくば医学生の間に医学に目覚め、自身の身の安定や外聞ではなく患者さんの病気を治すことに没頭できる医師になってほしいと思います。

ブランディングのために落ちたブランド

医者は一生勉強しないといけないよ、それでも医学部に行きたいか?

これは、高校の先生から私が言われた言葉です。私は小さい頃から家庭の医学や人体図鑑が大好きで、ずっと眺めているような子でした。質問をすると怒鳴るような医師や、逆によく説明してくれてこちらをほっとさせてくれる医師に出会った自分の受診の体験から、「病気の本質をとことん理解し患者さんに疾患をきちんと説明できる医師になりたい」と思って勉強してきました。

東京医科大学(東医)は佐野容疑者にブランディング事業の補助金3500万円の便宜を図ってもらったと報じられています。皮肉なことに、今回のことで東医のブランド力は地に落ちてしまいました。

東医がブランド力を求めたことと同じように、息子に「医学部」のブランドを与えるためだけに、医師を目指させないでほしい。親のお金で入るとしても、必死で学んで患者さんのために全力を尽くそうとする医師になる覚悟のある人だけにしてほしい。

医学はサイエンスです。コネや人をだましたりごまかしたりしてうまくやることでは患者さんの病気はよくなりません。真実を追求して問題を解決することに誠心誠意向き合える人にこそ、医師を志してほしい。

心からそう思います。