人気脚本家が明かす「自力でアイデンティティを培う方法」

ジェームズ三木「わが人生最高の10冊」
ジェームズ 三木

ジェームス三木さんのベスト10冊

第1位『サザエさん』全45巻
長谷川町子著 朝日文庫全45巻 各500円
東京の世田谷に暮らすフグ田サザエとその家族の日常を描いた4コマ漫画。テレビアニメ化され、国民的人気を得る

第2位『吾輩は猫である
夏目漱石著 新潮文庫 680円
中学教師の珍野苦沙弥の家に飼われる猫が、そこに集まる高等遊民たちの言動をニヒルな目で観察し、嘲笑する

第3位『にんじん
ジュール・ルナール著 高野優訳 新潮文庫 490円
著者の幼少期の体験をもとに書かれた。少年「にんじん」は母親から虐待を受けながらも人間として成長していく

第4位「たけくらべ
樋口一葉著 ※『にごりえ・たけくらべ』に収録 新潮文庫 370円
吉原遊郭近くに住む、思春期間近の少年少女を主人公に、性の目覚めを描いた小説

第5位『ハムレット
シェイクスピア著 野島秀勝訳 岩波文庫 1000円
「400年後でも通用する『ハムレット』のようなドラマを書きたいと本気で思ってます」

 

第6位「結婚申込
アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ著
牧原純・福田善之訳 ※『結婚、結婚、結婚!―熊・結婚申込・結婚披露宴』に収録 群像社 800円
40歳過ぎまで結婚しなかったチェーホフが20代の終わりに書いた結婚をめぐる戯曲

第7位「魏志倭人伝
石原道博編訳
※『新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝』に収録
岩波文庫 640円
3世紀前半頃の日本の地理、風俗、社会、外交などについて詳述された中国の史書

第8位『春琴抄
谷崎潤一郎著 新潮文庫 370円
大阪道修町の薬種商の娘・春琴と彼女に献身的に仕える奉公人・佐助の愛を描く

第9位「けろりの道頓
司馬遼太郎著 ※『新装版 おれは権現』に収録 講談社文庫 590円
豊臣秀吉の治世、大阪の道頓堀を作った安井道頓の生涯を描いた、司馬の初期作品

第10位「少年講談」シリーズ
講談社 全49巻 入手は古書のみ
「子供の頃、わくわくしながら読みました。大英雄より脇役の話のほうが面白かった!」

『週刊現代』2018年7月21・28日号より