Photo by iStock
# 企業・経営 # マネジメント # フィードフォワード

部下に「フィードバック」をするのは、日本人には向いてなかった

自分の頭で考える会話法をご存知ですか
上司やリーダーなら、部下や後輩に対して「フィードバック(意見する)」することの重要性、必要性を感じたことがあるだろう。しかし、実際の職場で、はたしてフィードバックは機能しているだろうか?
日本人にはそもそもフィードバックは合わないーー、そう語るのはプロコーチの久野氏だ。新刊『いつも結果を出す部下に育てる フィードフォワード』で新しいコミュニケーション技法「フィードフォワード」のノウハウを公開した彼が、日本人に合った上司・部下の話し方について解説する。

そもそもフィードバックとは?

最近、「ブーム」と言ってもいいほど「フィードバック」が流行っています。特に、職場における「フィードバック」の重要性が語られ、部課長やチームのリーダーたちは、「部下やメンバーにしっかりフィードバックをするように」と会社から指示を受けます。

ですが、多くの場合、戸惑います。ほとんどの人は正式なフィードバックのトレーニングを受けたことがないからです。

普段からやっている方はよくわかると思いますが、フィードバックはなかなか難しいです。パワハラにならないように、追い詰めてしまわないように、など、配慮しないといけないことがたくさんあります。

また、仕事は「見よう見まね」で覚えていく側面がありますが、フィードバックは「見よう見まね」で学ぶ機会がありません。多くの場合、フィードバックは一対一で行われますので、それを横から見学することができないからです。

また、自分がフィードバックを受けている時も、「フィードバックをしてくれている人」を観察している余裕はありません。

Photo by iStock

ご存じない方もいるかもしれませんので、ここで改めて、フィードバックの説明をします。

フィードバックは、ごく簡単に言えば「誰かに対して自分の意見を述べること」です。

ここにもう一つ「忌憚なく」という要素が加わります。物事をはっきり言わない日本人は、「忌憚なく」と強調しないと、肝心なことを言わないからです。

これでは部下がイヤになる

上司と部下の、よくあるフィードバックの場面を見てみましょう。新人の営業担当者が上司と一緒に顧客を訪問して、新サービスの提案を行ったという設定です。面談中は新人のプレゼンを隣で聞いていた上司が、顧客との面談の終了後に新人にフィードバックを行いました。

上司「おつかれさま」
新人「ご同行ありがとうございました」
上司「うん、早速だけど、さっきの面談について少しフィードバックしようか」
新人「あ、はい」(慌ててメモ帳を出す)
上司「いろいろ気になったんだけど、まず、今回の新サービスの一番の良さが十分に伝えきれていないと思うんだよね」
新人(ガ~ン。言葉が出ず)
上司「そのあたりどう思ってる?」
新人「あ、は、はい。自分でもあまりうまく話せなくて迷ってしまいました……」
上司「そうだよね。よっぽど割って入ろうかと思ったんだけど、それをしたら君が成長できないと思ってこらえたんだよね。俺が話せば一発なんだけどね」
新人「すみません……」(下を向く)
上司「いや、いいんだよ。俺も若い頃はよく怒られたものだし、ここから学べばいいんだよ」
新人「ありがとうございます」

 

さすがにこれはひどいですね(苦笑)。フィードバックと言いながら、新人を叱り、しかも自慢が入っています。

でも、どうでしょう。上司の皆さん、こんな感じのフィードバックをしていませんか?
部下の皆さんは、こういうフィードバックを受けているかもしれません。これでは「フィードバックされるのはイヤ!」となるのも無理はありません。

なぜ、このような問題が起きてしまうのでしょうか?