Photo by iStock

ハンドスピナーのブレイクから読み解く「ヒットの導線」

売れるもの、の原則はとてもシンプルだ

あなたは、ハンドスピナーを知っていますか?ハンドスピナーとは、2017年度の流行語大賞にまでノミネートされた、「くるくる回るアナログ玩具」です。

実際には遊んだことがない人でも、電車で、街中で、カフェで、若者がこのおもちゃをくるくる回しているのを見かけたことがあるはずです。

私の会社「株式会社ケースオクロック」では、このハンドスピナーが流行する前から、「【公式】日本ハンドスピナークラブ」という団体を立ち上げ、ハンドスピナーの普及活動と販売を行ってきました。結果、累計20万個のハンドスピナーを販売することができました。

今回は、ハンドスピナーがどのようにして世間に認知され、広まっていったのか、そして株式会社ケースオクロックが、なぜハンドスピナーを20万個も販売することができたのか。その裏事情をお話したいと思います。

これは、皆さんにとって関係のない話ではありません。商品をヒットさせるには、どのような工夫と努力が必要かを示す、ひとつのヒントになると思います。

 

ヒットの前に「導線」を作っておく

ハンドスピナーが日本で流行が始まったのは、2017年5月8日です。断定できるのには理由があります。この日、ネットメディア「ねとらぼ」のハンドスピナーを取り扱った記事が、Yahoo!のトップページで掲載されたのです。この「ヤフー砲」がきっかけとなって、一気にハンドスピナーという言葉が世間に知れ渡ることになります。

その瞬間から検索エンジンでの「ハンドスピナー」の検索数が急増し、私が運営していた「【公式】日本ハンドスピナークラブ」に、各メディアからの問い合わせが殺到しました。その後、「ハンドスピナーとはなにか」がテレビや雑誌、ウェブメディアで紹介され、瞬く間に世間に認知されるようになりました。

なぜ私の元に取材が殺到することになったのか? それは、日本でハンドスピナーについて詳しく解説する専門サイトが、「【公式】日本ハンドスピナークラブ」のホームページだけだったからです。

実は、これは偶然ではありません。狙い通りでした。

私はとあるきっかけで、以前からハンドスピナーのことを知っていました。このきっかけについては後述しますが、一目見たときに、「このおもちゃは流行るな」という確信を持ちました。ところが、検索エンジンを叩いても、この玩具についてまともに解説しているページは皆無。ここに、ビジネスチャンスを感じ取ったのです。

「この玩具は間もなく流行る」「流行る前にこの玩具について詳しく解説するサイトを作っておけば、必ずその運営元に取材依頼が来る」――そう考えて、ハンドスピナーに関する詳しい情報を掲載したHPを作成しました。

どこよりも詳しいHPを作ることで、日本におけるハンドスピナーの第一人者は「【公式】日本ハンドスピナークラブ」だ、と認知され、結果、多数のメディアに取材を受けることになったのです。

もちろん、取材用の窓口をサイトのなかに作り、メディアの人が取材を申し込みやすくしていたことは言うまでもありません。

公式HP

数えてみると、わずか3カ月で80以上のメディアで、ハンドスピナーと「【公式】日本ハンドスピナークラブ」が紹介されました。

もちろん「【公式】日本ハンドスピナークラブ」では、ハンドスピナーそのものの販売も行っておりました。ハンドスピナーがメディアで取り上げられれば取り上げられるほど、ホームページを通じての同商品の販売も増加。結果、累計で20万個以上のハンドスピナーを販売し、3億円以上の流通を作ることができたというわけです。

「流行ると思ったものは、メディアで取り上げられる前に『導線』を作っておく」……この流れを作ることができれば、「ヒット商品で儲ける」ことができるのです。

(断っておきますが、デタラメなサイトや組織を作ったわけではありません。実際、私はハンドスピナーについてはすみからすみまで調べ尽くしていて、誰よりも詳しい自信がありましたし、サイトに載せている情報もすべて正しいものです。

また、「ハンドスピナー」というワードで商標申請を行ったり、ハンドスピナーのイベントを複合施設で行ったり、日本玩具協会と「ハンドスピナーに関するおもちゃの安全基準を協議したり、「ハンドスピナーの使用に関する注意喚起」などのプレスリリースを行うなど社会的な活動も行っていました。)